つなぎ融資

マイホームを新たに取得するときに、小耳に挟んでおきたいのがつなぎ融資というキーワードです。つなぎ融資の意味がよく分からないまま不動産取引に応じていると、思わぬ出費に頭を痛めてしまうことがあります。つなぎ融資の意味や使い方について、改めてレッスンしていきましょう。

つなぎ融資の意味とは

住宅ローンの契約は基本的に住まいが完成し、引き渡しをおこなったあとから始まります。けれども注文住宅を購入する場合、住まいの完成までに土地の取得費用・マイホームの着手金・不動産業者への手数料など、色々な費用が発生してきます。これらのコストを自腹で賄える場合は良いのですが、まとまった資金を用意できない場合、住宅ローン開始までの間につなぎ融資を利用する方法があります。自己資金に余裕のない場合に利用できるのが、つなぎ融資のメリットです。

つなぎ融資の由来

つなぎ融資がいつから始まったのか明確な記載はありませんが、各銀行などの金融機関が住宅ローンを取り扱うようになった、昭和の初めころが起源といわれています。最近では独立した住宅金融支援機構フラット35の、つなぎ融資が話題になっています。

つなぎ融資の文章・例文

例文1.自己資金に不安があるなら、つなぎ融資のご利用をおすすめします
例文2.つなぎ融資の利用で、住まい選びの幅が広がる
例文3.住宅購入を考えているなら、つなぎ融資の仕組みについても理解しておくべきだ
例文4.土地の取得にともなって、つなぎ融資を利用した
例文5.つなぎ融資を利用したら、住宅ローン控除は適用されますか?
注文住宅を取得するとき、頭をかすめるのが初期費用の額です。介護や教育にお金がかかる年代であれば、一時的に資金が楽になるつなぎ融資を利用するのもひとつの手です。

つなぎ融資の類義語

つなぎ融資の類義語として「立替資金」「一時的な借り入れ」などがあります。手付金や土地の購入代金は、自己資金にかなり余裕のある人でないと利用できないため、こうした単発的な借り入れを利用する人は多いようです。

つなぎ融資まとめ

戸建て住宅の建築にあたり、多額なコストを一時的にまかなうことができるのが、便利なつなぎ融資です。金融機関によっては、つなぎ融資をおこなえるところ・おこなえないところがあるため注意しておきましょう。
また住宅の所有権が引き渡され、本格的に住宅ローンが開始されると、つなぎ融資の返済と住宅ローンの返済がダブルで押し寄せてきます。収入に見合った額を借り入れているのか、今後の資金計画はどうなるのか、十分家族と話し合ってから利用することがおすすめです。

この記事を読んでいる人に人気の記事