お家騒動となり弁護士を入れて解決を図る

お家騒動(おいえそうどう)

皆さんは身内での意見が対立したり、口論をしたりすることがあるでしょうか?一緒に過ごしていれば意見が違えることもあると思います。特に家族など長い時間ともに過ごすのであればその分違えることも多いでしょう。そんなときに状況を表す言葉としてお家騒動という言葉があります。では一体、お家騒動はどのようなときに使われていたり、由来があるのでしょうか。今回はそんなお家騒動について説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

お家騒動の意味とは

お家騒動とは組織、団体における内部での争いという意味する言葉です。
特に利権や大きなお金が絡むと、その利権に群がる人が増えて、泥沼化するケースもあります。最近だとロッテや大塚家具などが創業家の中で大きく揉めて、社会に大きな衝撃を与えました。

お家騒動の由来

お家騒動は、江戸時代の大名家で領袖となりうる立場の人が派閥を作り内紛を起こしたことが由来となっています。その様子を歌舞伎の題材として取り上げられることにより江戸時代の庶民にも伝わったと言われています。

お家騒動の文章・例文

例文1.創業者家族のお家騒動は後を絶たない。
例文2.大企業の創業者である家族のお家騒動が世間を騒がすニュースになる。
例文3.意見の相違により口論になりお家騒動に発展する。
例文4.家族内で派閥が生まれ、お家騒動が起こる。
例文5.お家騒動で家族内に亀裂がうまれる。
これらからお家騒動は、家族内で争いの状況を表す言葉として適していることがわかります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

お家騒動の会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば、今日のニュースをみたかい?

  • 回答者アイコン

    見ていないね。どんな内容だったのかい?

  • 質問者アイコン

    大企業創業者の家族間のお家騒動について報道されていたんだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。家族間でのお家騒動は大変そうだよね。

このようにお家騒動は、特にニュースとして取り上げられることが多い大企業創業者の家族間での財産相続での争いなどを表す言葉としてよく世間では使われる言葉です。なので意味を知っておくといいでしょう。

お家騒動の類義語

お家騒動の類義語には、「内紛」「同士討ち」などがあります。

お家騒動まとめ

お家騒動という言葉はあまり日常会話やビジネスシーンで使うことはありませんが、意味を知っておくと役に立つ言葉です。ぜひ意味を覚えておけるといいですね。またお家騒動の由来を知っておくことによって時代が違えど人の権利や地位に関する考え方はあまり変わらないことを実感できるかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事