管領は執事のようなものとされている

管領(かんれい・かんりょう)

「管領」というものは室町時代に使用されていた言葉です。どんなものかわかる方はいらっしゃいますか?もしかしたら歴史の勉強をしていても、理解してる方は少ないかもしれません。今回はそんな「管領」について意味や例文などを使って深く解説してきます。

管領の意味とは

室町幕府においての将軍に次ぐ最高の役職です。将軍の補佐的位置で幕政を統括していた人たちを「管領」と言っています。

管領の由来

管領という言葉は室町時代に初めて使われるようになりましたが、それ以前にも似たポジションで執事という役職がありました。北条貞時という鎌倉幕府のトップがいましたが、とても特別な存在で、北条貞時に使われていた執事の事を「内管領」と呼ぶようになったのです。それと同時に室町時代に入ると足利家の執事に限り、「管領」と呼ぶようになったことがきっかけと言われています。

管領の文章・例文

例文1.歳をとってきたので、残念ではありますが、管領を退きます。
例文2.三管領の一族が管領を代行していましたが、それを管領代と称しておりました。
例文3.管領の役職は現在に例えると内閣官房長官ですね。
例文4.どうか私の代わりに天下を管領して下さい。
例文5.私は役職が変わり管領になることができました。
例文3は「政治を引き継いでください」という意味になります。上記は「管領」を使った文章・例文ですが現代ではなかなか使う機会はないですね。

管領の会話例

  • 質問者アイコン

    「管領」については勉強して理解ができました。

  • 回答者アイコン

    良かったです。

  • 質問者アイコン

    「管領」とは現在に例える誰にあたりますか?

  • 回答者アイコン

    内閣総理大臣の補佐的役割なので、菅内閣官房長官になるでしょうね。

上記が「管領」の言葉を使った会話文になります。

管領の類義語

「管領」の類義語は「三菅領家」、「管領家」、「室町時代」、「執事」が挙げられます。

管領まとめ

「管領」は執事という役職が変化し、「管領」になったことは上記でご説明しましたが、時代とともに執事はただの家来ではないか!という風潮が世間に広まってきました。このように執事が馬鹿にされる地味に根の深い問題になり、1398年になると足利義光はこの問題に対し解決策を見出しました、それが「三管領」というもので、同じ源氏の地を引く特定の者しか重要な役職に就任させないというものでした。そして執事というものから「管領」という言葉に変わったと言われております。いかがだったでしょうか?「管領」について説明してきましたが、将軍の補佐的役割だということが分かりました。ぜひ今後も歴史の勉強をするときに、「管領」という言葉が使われていたら参考にしてみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事