本能寺の変は有名な話だ

本能寺の変(ほんのうじのへん)

日本の歴史史上もっとも有名な事変が「本能寺の変」ですね。織田信長が京都の本能寺で明智光秀によって死に追い込まれたことは、誰もが知っている事だと思います。しかし、明智光秀織田信長に使われていたのに、なぜそのような行動をおこしたのか?今回は多くの謎に包まれた「本能寺の変」について、さらに深く解説していきます。

[adstext]
[ads]

本能寺の変の意味とは

「本能寺の変」とは織田信長が京都の本能寺で明智光秀によって死に追い込まれた戦いの事です。信長は寝ているところを襲撃され、囲まれ逃げ場がないと悟ると、寺に火を放って自殺をされたと言われています。

本能寺の変の由来

本能寺の変の由来は、事件が起こる前に遡ります。ずっと織田信長に仕えていた明智光秀でしたが、信長に大変過酷な労働をさせられていたと言われております。明智光秀は本能寺の変が起きる1日前に中国攻めに向かうため、亀山城を出たところでした。しかしその分岐点で、今まで過酷な労働を命令してきた信長を襲うという決断をするのです。そして中国攻めの援軍に向かうついでに本能寺に宿泊した信長を襲撃し、信長は自害することになりました。これが「本能寺の変」と呼ばれるようになった由来になったのです。

本能寺の変の文章・例文

例文1.大河ドラマで、明智光秀が「敵は本能寺にあり」とつぶやいた。
例文2.「本能寺の変」をネタにしているお笑い芸人が人気です。
例文3.本日、歴史の授業で本能寺の変について勉強をしました。テストにでそうなので復習しておきます。
例文4.本能寺の変によってお寺が焼失してしまったので、場所を移して再建された。
例文5.せっかく京都まで来たから、本能寺を観光していきましょう。
上記が「本能寺の変」を使った文章・例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

本能寺の変の会話例

  • 質問者アイコン

    来月一緒に京都へ旅行に行きましょうよ。

  • 回答者アイコン

    いいですね。私は京都に行ったことがないので、一度行ってみたかったです。

  • 質問者アイコン

    そうなの?じゃあ楽しみですね。せっかくなので本能寺に行ってみましょうか?

  • 回答者アイコン

    本能寺の変の舞台になった場所ですね。

本能寺の変はとても有名なので誰もが知っている言葉となりますね。場所やどうしてそれが起こったのか、誰が関わっているのかしっかり覚えておくと映画や漫画で見たときに面白さが変わるかもしれません。

本能寺の変の類義語

「本能寺の変」の類義語は「織田信長」「京都」「織田忠信」「幕府」が挙げられます。

本能寺の変まとめ

「本能寺の変」の「変」とは何なのか?これは、「乱」と「変」の違いにあり、争いの目的が違います。「乱」は大規模な争いの事を意味しており、世間に大きな影響を与えているものです。基本的には、幕府や朝廷への反乱を意味しています。「変」とは世間的にそこまで大きくない・影響があまりない、突発的なクーデターとして意味しており、狙いが政権交代や、主導権の奪取です。安土城を築き、天下に一番近いと言われていたのが、織田信長でした。間違いなく権力の頂点に君臨しています。なので本能寺は「乱」ではなく「変」なのですね。本能寺は今でも京都に存在しておりますので、京都を訪れた際には、実際に足を運んでみたいものです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事