戦国時代をイメージしたイラスト

戦国時代(せんごくじだい)

「戦国時代」という言葉を誰しも聞いた事があるでしょう。ですが「戦国時代」は何年続いたのか?どのようにして終わりを迎えたのか?など聞かれてもすぐにこたえられる方はそう多くないかと思います。今回は「戦国時代」の意味や例文などを詳しく掘り下げて「戦国時代」が一体何なのか分からない人の為にも分かりやすく徹底解説していきます。

戦国時代の意味とは

「戦国時代」とは領土を拡大し、一国の主になることを目的として、小さな土地の領主が隣の領主と争い勢力を拡大することです。これが全国各地で繰り返されていたのが「戦国時代」です。

戦国時代の由来

応仁の乱以後、荒れている世間を、当時の公家が古代中国の春秋戦国時代の乱世になぞらえて「戦国の世」と表現したことが戦国時代の由来です。一般的に戦国時代は、応仁の乱から江戸幕府が開かれるまでの期間を言いますが、初期の方は、各地の豪族同志の領地の取り合いが主流でした。しかし後期になってくると、ある程度自分の領土を獲得し実績のある大名同士の戦いへと変化していくのです。初めて、下克上にて戦国大名へとのし上がったのは、北条早雲です。これがきっかけで下克上が本格化して、「地位ではなく武力こそがものを言う」ことで「戦国時代」が始まったと言われています。

戦国時代の文章・例文

例文1.明智光秀は戦国時代・安土桃山時代の戦国武将です。
例文2.戦国時代の学問は、お寺で行われており。どの時代から勉強をするという概念がありました。
例文3.織田信長が相撲を推奨していた時代も戦国時代の時です。
例文4.今から2200年前の中国では、戦国時代真っただ中ですね。
例文5.最近は戦国時代の武将が主役でドラマ化され、世間ではとても人気が出ています。
上記は「戦国時代」を使った文章・例文になります。

戦国時代の会話例

  • 質問者アイコン

    戦国時代っていつからいつまでの事をさしているんですか?

  • 回答者アイコン

    室町時代から江戸幕府が開かれる前までと言われてるよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんですね。すごい長い期間続いたんですね。有名な戦国武将は誰ですか?

  • 回答者アイコン

    有名なところだと、やっぱり「徳川家康」「豊臣秀吉」「織田信長」です。

上記が「戦国時代」を使った会話文になります。

戦国時代の類義語

「戦国時代」の類義語は「戦国大名」「明智光秀」「直江兼続」「伊達政宗」が挙げられます。

戦国時代まとめ

「戦国時代」は、慢性的な紛争状態が続いた時代でしたが、毎日戦争をしていたわけではありません。室町幕府によって、保証されていた古い権威が否定され始め、守護の支配下にあった者や新たに出てきた実力者などが、新しい勝ち上がり領国を拡大していくこととなりました。中には下剋上により地位を手に入れた者もいて、様々な経歴の戦国大名が登場しました。戦国時代の合戦と聞くとイメージできるのが、大人数で大名の首を取りに行くといったように想像できますが、合戦にもさまざまなものがあります。大名同士の小競り合いといった、大したことない武力闘争から、領地支配をめぐっての軍同士の争い、城を舞台にして、「攻城戦」・「籠城戦」もがあります。他にも関ヶ原の戦いのように、連合勢力同士の合戦もあり、本当に多様な戦争形態がありました。全国にお城や城跡後などさまざまな観光名所がありますので、興味のある方は、実際に現地に行って、当時の様子を感じて頂いてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事