四季報を読んでいる

四季報(しきほう)

株式投資をやっていると良く聞くワードですね。「四季報」をチェックし将来株価が上がりそうな銘柄に投資をしている方も多いのではないかと思います。金融証券の世界では、「四季報」は東洋経済新報社の発行する「会社四季報」を意味しています。今回は「四季報」について解説していこうと思います。

[adstext]
[ads]

四季報の意味とは

「四季報」とは一般的に日本である分野に関する新しい応報・資料などを掲載して1年に4回(季節ごとに)刊行されている出版物のことを指しています。

四季報の由来

四季報は、東洋経済新報社が出版しており「会社四季報」、「就職四季報」が有名です。他に「会社四季報 未上場会社版」があります。また、同種の刊行物としては日本経済新聞社の「日経会社情報」ダイヤモンド社が発行する「株データブック」があります。

四季報の文章・例文

例文1.会社四季報とは、投資家のための四半期ごとの企業情報雑誌です。
例文2.最近、株式投資を始めたから、四季報で銘柄を探してみよう。
例文3.就職活動でどんな企業があるのか四季報で調べてみようと思いますが、たくさん企業があって選ぶのが難しいです。
例文4.四季報とは1年に4回発行される冊子です。
例文5.四季報は分厚く、結構値段も高いのでなかなか手が出せません。
上記は「四季報」の文章・例文についてまとめてみました。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

四季報の会話例

  • 質問者アイコン

    株式投資をしているんだけど、いい銘柄ないかな?

  • 回答者アイコン

    そんな時は四季報を参考にするといいと思うよ。

  • 質問者アイコン

    四季報?分厚い本でしょ?読むの大変だと思うんだけど、そんなことないの?

  • 回答者アイコン

    そんなことないよ!四季報も読み方さえ学べば簡単だし面白いと思うよ。

上記は「四季報」の会話例です。投資家の間で「四季報」は非常に重宝されております。
そして、見方も丁寧に解説されておりますので、初めて利用される方も
非常に満足されることでしょう。

四季報の類義語

「四季報」の類義語には、「中間報告書」・「有価証券報告書」・「年次報告書」・「最終報告書」などが挙げられます。

四季報まとめ

ここまで「四季報」について学んできましたが、いかがだったでしょうか?「会社四季報」は企業の特色や注目材料、業績、財務内容、株価の動きをコンパクトにまとめた季刊雑誌です。(3月・6月・9月・12月)に新しいものが発行されております。掲載対象は原則として株式を自由に売買できる証券取引所に上場している会社に限られております。株式投資をされていて銘柄選びに悩まれている方がいらっしゃったら、「四季報」を参照してみてはいかがでしょうか?。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事