UNCTAD

外資系企業などに勤めていると、海外出張を命じられることもそう珍しいことではないはずです。海外で働くビジネスマンが頭に入れておきたいのが、UNCTADというキーワードです。UNCTADの具体的な意味や、正解の例文についておさらいしていきましょう。

UNCTADの意味とは

UNCTADには「国連貿易開発会議」という意味があります。英語表記は「United Nations Conference on Trade and Development」となります。
1964年に設置された団体で、本部は中立国であるスイスのジュネーブに置かれています。UNCTADの主な仕事内容は、発展途上の国々の人たちが先進国と同じ歩調を歩むことができるようにサポートすることです。

UNCTADの由来

UNCTADは「ユナイテッドネーションズ・コンファレンス・オン・トレード&デベロップメント」の頭文字を取って付けられた言葉です。1960年代に設置され、スタッフの数は約500人います。日本人スタッフも若干名働いている、大きな団体です。

UNCTADの文章・例文

例文1.UNCTADの1年間の予算は、およそ7,000万ドルである
例文2.UNCTADの事務局長との会合を控えているので、下準備に忙しい
例文3.平和な世の中を実現するためには、UNCTADの活躍が必須である
例文4.世界経済の格差をなくすために、UNCTADは日夜努力を重ねている
例文5.UNCTADの加入国は、現在194カ国にも及んでいます
平和で安定した社会の実現のためには、公平性の高いUNCTADの活動が大切になります。世界経済のさらなる繁栄のためには、各国の首脳が定期的に開催されているUNCTADの助言に、耳を傾けていくことが重要です。

UNCTADの類義語

UNCTADの名前を取り「アンクタッド」と呼ばれるケースもあります。日本語では「国連貿易開発会議」と言い換えられることもあります。

UNCTADまとめ

アメリカと中国の貿易戦争が留まるところを知らない今、求められているのはUNCTADのような国際的な機関のアドバイスです。UNCTADは第三者の観点から、どのような経済活動をおこなうことが望ましいのか、具体的なデータをもとにアドバイスをおこなってくれます。現在UNCTADのトップにはケニアの事務局長が、副キャプテンにはベルギーの副事務局長が就いています。バランスの取れた経済活動をおこなっていくためにも、世界のUNCTADがどのような具体的な活動をおこなっていくのか、これからの活躍にますます目が離せません。

この記事を読んでいる人に人気の記事