SVG

皆さんはSVGという言葉を聞いたことがありますか?ウェブデザイナーの方であればよく聞く言葉かもしれませんが、それ以外の方ですとあまり馴染みがない言葉かもしれません。
SVGでデータ送ってと言われても、「何それ?」となってしまいますよね。そうならないためにもSVGとは何かについて紹介していきます。

SVGの意味とは

SVGとはScalable Vector Graphics(スケーラブル・ベクター・グラフィック)の略語で、JPEGやPNGのような画像ファイルではなく、イラストレーターで使用するファイルの事です。解像度が高くきれいに見えるといった特徴を持ち、加工が非常にしやすい事から、かなり重宝されるツールと言えます。

SVGの由来

写真のような画像を規則正しく配列した色付きの点を表現するビットマップ形式に対して、ベクター形式という言われ方をするファイル形式。
データサイズが小さく、変形や合成が容易で、拡大・縮小をしても輪郭が粗くならないという特徴があります。使われ始めたのは、1998年頃とされています。

SVGの文章・例文

例文1.SVGファイルで出力する
例文2.SVGファイルを使用して保存する
例文3.デザイナー間のやり取りではよくSVGファイルが利用される
例文4.SVGファイルを活用する事で加工が非常にスムーズに進む
例文5.SVGファイルは写真を加工するのにはあまり適していない
フィルターをかけたり、アニメーションをかけたりと、様々な装飾を施すことができるので色々と遊びながら制作をしていくことができるほどファイル形式になります。

SVGの類義語

SVGは専門用語のため、類義語はありません。
ただし、関連語としてよく出てくる言葉にイラストレーター(‎Illustrator)というものがあります。基本的にはこのadobe社製のソフトウェアを使って作成したデータをベクター画像として保存します。また、同じように加工を施すソフトウェアとして、フォトショップ(Photoshop)というものがありますが、こちらはどちらかというと写真を加工するものになります。
デザイナーとのやり取りとなると基本的にはフォトショップかイラストレーターが話に上がることが多いので、先ずはこの2つをセットで覚えてしまいましょう。

SVGまとめ

いかがでしたでしょうか?ウェブデザイナーでなければあまり馴染みがないファイル形式かもしれないので、言葉自体も聞いた事がないかもしれませんが、今の時代いつウェブ担当者に任命されるかも分かりません。
ファイル形式の特徴を知っているだけでもやり取りがスムーズになる事は間違いないので、せっかくの機会に覚えてしまいましょう。
ウェブデザイナーとしても全く何も知らない人よりも話が多少でも通じる人という認識が出来れば、信頼を得られるきっかけになります。

この記事を読んでいる人に人気の記事