SSP

今や日常生活の中でスマホは完全に常態化しています。電車に乗ってスマホを見ている姿を最初のうちは気持ち悪いと言っている人もいましたが、もはや風景にしかみえません。
そして、そのスマホを見ている皆さんの画面には意識しているかどうか別として何十・何百という数の広告が飛び交っています。
しかし、あれだけの広告を出すとなると広告主も広告枠を提供する側がも大変です。そこで、自動で入札を行うシステムとして誕生したSSPについてご紹介いたします。

SSPの意味とは

SSPとはSupply-Side Platformの略語で、広告収益化の最大化をするための媒体提供側のサービスの事です。
1つの枠に対してだけでも無数の入稿依頼が飛び交う中で、それを何万・何十万という単位でやっていてはとても仕事になりません。空いている枠に対する依頼の中で最も高い入札単価を提示した広告を出稿するという作業を自動で行ってくれる仕組みこそがSSPです。広告主側のDSPと連動して出稿作業を行っていく事で、媒体提供側には広告収益の最大化、広告出稿側には費用対効果の最大化、ユーザーには最適な広告の配信という3者間の調整を可能にしました。

SSPの由来

先ほども述べたように、WEBの発達に伴い、広告も需要が増してきましたが、それを全て手動で入札をしていたらいくら時間があっても足りなくなってしまうので、自動で入札出来る仕組みが出来ました。

SSPの文章・例文

例文1.SSPを導入することで媒体提供側の労力が大幅に削減された事で、作業者を置く必要がなくなった
例文2.WEBが発達していくにあたって大量の広告出稿がされるようになり、それに伴いSSPの仕組みも誕生した
例文3.SSPは自動的に広告収益の最大化をしてくれるため、媒体側にしてみたらとても割りの良い依頼である
例文4.いくら自動でやってくれているとは言っても、いつ誤作動が起こるか分からないため必ずチェックは必要だ
例文5.SSPを導入したことで完全に機械頼みになったため、機械のメンテナンスは小まめに行う必要がある
自動で処理がされるのを良いことにチェックを怠ると思わぬミスが出た時に対処が遅れてしまうので、メンテナンスと数値のチェックは必ず行うようにしたいです。

SSPの類義語

密接に関わる単語としては、先ほども説明したDSPがあります。相互に動作することで、ユーザーにとって最適な広告を配信することが出来ます。

SSPまとめ

いかがでしたでしょうか?
SSPとDSPのおかげで私たちは現状これだけの広告を打つことが出来ています。ユーザーにとっては鬱陶しいと思っている方もいるかもしれませんが、中には大きく自分の人生を変える可能性のある広告も含まれているかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事