SSL

「このサイトSSL化してないですよ」と突然言われて不安になった事はありませんか?ホームページを作成する上で、絶対に欠かせない設定の1つにサイトのSSL化があります。しかし、その実態について詳しい人は専門家や業界の人でなければほとんどいません。仕組みさえ分かってしまえば難しいものではないので今回はSSLについてご紹介していきます。

SSLの意味とは

SSLは、Webサイトとそのサイトを閲覧しているユーザー間のやり取りを暗号化するための仕組みの事です。
そもそものWebサイトを閲覧出来る仕組みは、ユーザーが特定のURLを入力してWebサイトの閲覧を出来るように依頼をし、その依頼に対して応えるようにレスポンスが返ってくるというものなのですが、その段階でインターネット上で通信が行われます。
SSLとはその通信をする際に第3者が情報を盗み撮りしても読み取れないように通信を暗号化する技術の事です。

SSLの由来

インターネットの発達に応じて人々は大量の情報に即座にアプローチ出来るようになりました。しかし、それは同時に情報が外に漏れる可能性が高くなった事を意味します。特にショッピングサイトで入力したクレジットカードの情報などを盗み見られたら悪用される可能性が限りなく高いです。そこで、安心してインターネットを使えるように生まれたのがこのSSLという仕組みです。

SSLの文章・例文

例文1.ショッピングサイトでSSL化されていないサイトは信用ならない
例文2.今後はSSLの必要性がさらに高まる
例文3.SSL化されていないサイトは今後閲覧できないようになる
例文4.SSLの費用はそんなに大したものではない
例文5.Webサイトを作るのと同時にSSLの設定も済ませた
今後Webサイトを運営していくのであればSSL化は切っても切れないものになってくるため、確実に設定がなされているかを確認しましょう。

SSLの類義語

SSLは専門用語のため、類義語はありません。目的としては、サイトの保護がメインなので、暗号化、セキュリティなどの単語が併用される事は多いかと思います。

SSLまとめ

今後はSSL化されていないサイトはセキュリティの問題で閲覧出来なくなってしまいます。
もし自社のWebサイトが保護されていない通信という記載を出している状態であれば、すぐさま変更する必要があります。
情報社会でお客様の情報を外に流出させてしまったら一瞬で信頼を失う事になるので、何を差し置いてでもセキュリティを高めるようにしていきましょう。簡単なチェック方法としては、サイトの初めについてくる「http」というアルファベットの後に、sがついているかいないかというのを見るだけで確認出来ます。
sがついていれば保護されている、ついていなければ保護されていない証拠です。是非、自社のWebサイトを確認してみてください。

この記事を読んでいる人に人気の記事