Slackはビジネスコミュニケーションツール

Slack(スラック)

皆さんはSlackというコミュニケーションツールをご存知でしょうか。多くの大学や企業などの連絡ツールとして導入されることがとても多くなってきています。では、一体Slackはどのようなサービスなのでしょうか。Slackの利用シーンなども詳しく解説をしていきます。

Slackの意味とは

Slackとは、主にビジネスチャットで用いられるコミュニケーションツールです。読み方は「スラック」となります。Slackでは、個人同士のチャットだけでなく、複数人でのやりとりもでき、用途に合わせてチャンネルも増やすことができます。また、Slackではユーザーに権限をつけることができるので勝手に退会させたり、チャンネルを誤って削除したりすることがありません。Slackはチャットの内容が残るので、もし、仕事上の問題が起きたとき、責任者が明確になりやすいのもSlackの特徴の一つです。
Slackでは、メッセージを送った後からでも編集、削除ができるのでもし誤って違う文書を送ってしまった場合でも修正することができるのです。Slackでは、相手がメッセージを送っている最中に入力中と表示されるのでグループなどの会話では自分がメッセージを送っていいタイミングなのかリアルタイムで知ることができるのです。
それに加え、Slackは他のWebアプリケーションと連携が可能なので機能の拡張性もあるのです。

Slackの由来

Slackの由来について詳しいことはわかっていませんが、Slackという言葉自体には「緩い」という意味があります。Slackは2013年に公開されたあと、2014年に本格的なサービスが開始されました。

Slackの文章・例文

例文1.社内SNSとしてSlackを導入する
例文2.Slackのワークスペースに新しく参加する
例文3.今日ビジネスチャットツールとしてSlackが用いられることが多くなっている
例文4.Slackで新しいチャンネルを作る
例文5.Slackさリアルタイム性を重視したチャットを可能とする
Slackは現在ビジネスシーン、特にIT系の企業では多く使われており、これから社会人になる方は仕事で使う人も多くなってくるのではないでしょうか。

Slackの関連語

Slackの関連語としては「Discord」、「Twitter」、「LINE」、「Instagram」などがあげられます。

Slackまとめ

今日多くの場面でSlackを使うことが多くなっています。使ったことがない人は今後使うことがあるかもしれません。なので是非試しにSlackを使ってみてはいかがでしょうか。Slackを使うことにより、人との情報の共有が簡単に行うことができます。Slackはファイルの共有も簡単に行えるため、ビジネスで使うコミュニケーションツールとしても最適であると言えるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事