SaaSでのサービスの可能性は無限だ

SaaS(サース)

SaaSとは、「Software as a Service」の略語であり、ソフトウェアを提供しているということです。今日は、多くのIT企業が存在します。そういった会社の中には、ソフトウェアをサービスとして提供する企業が多く存在します。そんなソフトウェアを提供していることをSasSといいます。今回は、そんなSasSについて類義語などを含めて解説していきます。

[adstext]
[ads]

SaaSの意味とは

SaaSの意味は、「Software as a Service」の略語であり、ソフトウェアを提供しているということです。SasSとよく合わせて名前が上がる言葉としてPaaSとIaaSというものがあります。PaaSは、「Platform as a Service」の略語でプラットフォームをサービス提供しているということです。また、IaaSは「Infrastructure as a Service」の略語でこちらはインフラをサービスとして提供しているということです。覚えておくと役に立つと思います。

SaaSの由来

SaaSの由来は、「Software as a Service」にあり、それらの頭文字をとってSaaSと呼ばれています。

SaaSの文章・例文

例文1.SaaSを利用して社内の業務効率改善を図る。
例文2.インターネットを利用したSaaSを利用してデータをクラウドに保存する。
例文3.先月からSaaSを利用して業務を行うことにより、リモートワークが可能になり、時間を有効に使えることが増えた。
例文4.これまでは、データをローカルに保存していたが、SaaSを新たに導入したことによりデータを共有できるようになった。
例文5.SaaSだけでなく、PaaSやIaaSをサービスとして提供している会社もある。
これらからSaaSは、とても便利なものが多いことがわかります。SaaSというものを使っていれば口にすることもあると思うので覚えておくと良いと思います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

SaaSの会話例

  • 質問者アイコン

    昔は、データを参照するのにもオフィスのPCからしかアクセスできなかったけどいまではオフィス外からでもアクセスできてとても便利だよ。

  • 回答者アイコン

    それはいいね。やっぱりSaaSを導入したことでよりデータを可視化できているし、業務効率も上がったしね。

  • 質問者アイコン

    そうだね。今後も新しい機能が追加されてより便利になっていくと思うと本当に助かるよ。

  • 回答者アイコン

    うん。端末に関わらずデータにアクセスできるのもいいしね。今後に期待だよ。

これはSaaSについて話している様子です。SaaSを利用してデータをより上手に扱っています。

SaaSの類義語

SaaSの類義語には、「PaaS」「IaaS」「プラットフォーム」などがあります。

SaaSまとめ

今日は、情報社会と言われるように物体として形をもたない情報商材が増えてきました。多くのソフトウェアサービスがインターネットを通じて提供されています。便利なものも多く、何かしらサービスを使ったことはあると思います。そんなときにSaaSという言葉を知っておく話しでSaaSという言葉を耳にしてもすんなりと理解できると思います。これを気に覚えておくといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事