PDCAサイクルでビジネスを加速させる

PDCA(ぴーでぃーしーえー)

ビジネス用語は仕事上で普段から使われている言葉ですが、社会人1年目でビジネス用語に慣れていない、普段使わない人は「何を言われているのかさっぱりわからない」「これってなんだっけ」となかなか人には聞きにくいものです。
上司から「PDCAをちゃんと回るようにしてくれよ」と言われた際に、皆さんはすぐに理解できますか?今回はPDCAの意味について詳しく解説していきます。

PDCAの意味とは

PDCAとは四つの単語の頭をそれぞれ取ったアクロスティック言葉です。P→D→C→A→Pとサイクルを回していきますので終わることはありません。まずP(plan)は計画を立てることです。ゴールを定めることで途中の問題について知ることや考えることが出来、解決をするために何が必要かを求められます。
D(do)は実行することです。Pで練った案を実際にしていきます。
C(check)は評価をすることです。計画通りに進められたか、どこが問題だったのかを評価します。
A(action)は改善をすることです。評価した中で改善するべき箇所を深掘りして考え、再度、実行を行います。
例えば商品を開発する際にPDCAが一周しても、さらに計画を立て繰り返すことでよりよい商品が出来ます。PDCAは業務をしていく上で非常に大切です。

PDCAの由来

PDCAという言葉は最近、生まれたように感じますが、50年以上も前にアメリカから日本へ輸入された工場で用いる経営手法を日本人がアレンジしたものです。のちにIT業界の現場とPDCAの組み合わせが良いとして注目されることとなり、PDCA関連の本がヒットしました。その後、ITのみならず、どんな業務に関してもPDCAが用いられ、一般的なビジネス用語となりました。

PDCAの文章・例文

例文1.PDCAは順番を守ることが大事である
例文2.美味しいケーキ作りを追求するにはPDCAは欠かせない
例文3.PDCAは一つでも飛ばしてはならない
例文4.部下を育てるためにはPDCAを意識することが必要だ
例文5.PDCAが疎かだから、毎回ダイエットに失敗する
PDCAをする事では現代のビジネスにおいては当たり前な事になっており、言葉は違えど試行錯誤しながらビジネスをしています。また最近はビジネスの変遷が早い事もあり、このPDCAサイクルも以前にも増して、スピード感が求められています。

PDCAの会話例

  • 質問者アイコン

    この企画の進捗が知りたいな。

  • 回答者アイコン

    今、この企画の実行をしております。

  • 質問者アイコン

    PDCAサイクルにうまく当てはまっているのか。

  • 回答者アイコン

    問題ないです。

社会人になり、PDCAサイクルの重要性についてとても考えます。よく、PDCAサイクルのこの部分が甘かったのではないかなどと会議で話し合うことがあります。この言葉の意味をきちんととらえて活用していきたいです。

PDCAの類義語

関連語として最終ゴールの「KGI」、中間目標の「KPI」が挙げられます。PDCAの中で最終ゴールを作ることはとても重要です。

PDCAまとめ

PDCAは仕事のみならず、普段の生活でも気づかないうちに行っていたという経験があると思います。しかし失敗を恐れてP を入念に行うことで、時には誰かに業務を抜かされてしまうこともあります。最近では日本のPDCAは古いなんてことも言われ始めています。古いと言われるから全くこの方法を用いらないということはしないで、新鮮な情報を受け入れながら柔軟に物事を考えられることが大事です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事