LCCを使って海外旅行

LCC(エルシーシー)

1964年に海外旅行自由化をしてから、多くの日本人が出国を自由にすることができ、海外で観光を楽しむだけではなく、ビジネスで活躍をしています。国内旅行よりも値段の高い海外旅行は、一時は若者の出国率を低下させていまう理由でもありましたが、近年ではLCCと呼ばれる格安航空会社で、手軽な費用で海外旅行を楽しめることから、若者の出国率が上昇している傾向にあります。今回はLCCについてご紹介していきます。

LCCの意味とは

LCC(Low cost carrier)は格安航空会社を示していて、コスト削減が多いのも特徴のひとつです。ネットが普及し、誰でもネットで航空会社から直にチケットの購入ができるので人員の削減を可能とし、中小企業の旅行代理店には多大な影響を与えているのも現実です。大手航空会社には機内食やドリンク、毛布などのアメニティは航空券の料金内ですが、LCCはチケットコストを抑えるためにアメニティ類は希望者のみに販売しているという格安航空会社も多いです。

LCCの由来

LCC(Low cost carrier)が誕生したきっかけであるイギリスのレイカー航空社は、まさにLCCの先駆けでコストは通常の3分の1、コスト削減のために機内食はカットされていました。日本には2012年からLCCを利用できるようになり、現在では成田空港にLCCだけのターミナルも存在します。最近では、国際観光旅客税として出国の際に納付をすることが義務付けられた為に、なるべく安い航空会社を利用したいと考える人も多いでしょう。

LCCの文章・例文

例文1.LCCは価格が安いので利用しやすい
例文2.韓国へ行く時は、毎回LCCを利用している
例文3.LCCの機内は狭いので身長の高い私には窮屈だ
例文4.LCCのCAさんが可愛かった
例文5.新幹線よりもLCCの方が安かったので利用した
LCCによってユーザーにとっても選択肢が増える事になり、海外旅行がより身近になる事になると言えるでしょう。特に若い人はLCCを使って海外にいって、視野や見聞を広げるのはいいのではないでしょうか。

LCCの類義語

LCCの類義語としては「格安航空券」があげられるでしょう。

LCCまとめ

日本の大手航空会社に比べてLCCの値段は安いですが、実は海外のLCCではもっと安い料金で利用が出来る場合もあります。しかし、日本の空港は限られていて関東であれば羽田空港か成田空港のみです。比べると日本のLCCのチケットは高いですが、都心部への交通網も整っているので移動手段と手間を含めれば安いかもしれません。ただし、LCCにはキャンセルの規約が厳しいことや、預け荷物の重量が少量で定められていて、超えると追加料金を取られてしまうこともありますので利用する際には要注意です。

この記事を読んでいる人に人気の記事