IPO

日本の日経平均株価もあがっている中で株式や投資についても興味を持っている方も多くなっているとは思いますが、株式投資や為替投資や不動産投資など投資全般に言える事ではありますが、知識がないまま投資のステージに立つことは丸裸でライオンの前に立つことと同じです。しっかりと知識をつけて投資は行うべきで、今日はそんな中からIPOについて解説をしていきます。

IPOの意味とは

IPOは英語で「Initial Public Offering」となります。読み方は(イニシャル パブリック オファーリング)となります。その頭文字を取ってIPOと言います。一般には株式を新規公開する事や株式の公募による募集や売り出しの事を指します。
新規公開は特定の投資家が限定的に保有をしている株式を市場に流通させる上場をさせる事を言います。
募集は既に株式公開をしている企業が資金調達の為に新たに発行する株式の取得申込をさせる事を言います。公募増資とは同じ意味となります。
売出しは多数の株を持っている株主が保有している既に発行している株式を売る事を言い、これらを募集する事をいいます。

IPOの由来

IPOは英語から来ている言葉ですので、由来は英語と言えるでしょう。

IPOの文章・例文

例文1.会社オーナーはIPOにして一夜にして億万長者になる
例文2.IPOには多くの時間を準備にかける必要がある
例文3.IPOする事で社会的責任は増す
例文4.メリット・デメリットを理解してIPOを行うべきだ
例文5.監査法人と主幹事証券がIPOを先導する
IPOはやはり企業としては大きな分岐点であり、会社経営者にとっては大きな目標の一つと言えます。特にIPO前の事前準備(財務状態の確認、業務の効率化、役員の身辺整理)など会社が飛躍する為、社会の信用を得る為に長い時間をかけて体制を整えます。

IPOの類義語

IPOの類義語としては「株式店頭公開」や「新規上場銘柄」などがあります、反義語としては「上場廃止」があげられます。

IPOまとめ

IPOによって企業が享受するメリットは多くのものがあります。資金調達や優秀な人材の確保、財務状態の強化や信用力が増すなどがあげられますが、その反面上場企業になるという事は社会的責任もIPO前とは比較にならない程大きくなり、個人投資家や株主への配慮も必要になります。最近は資金調達においてVC(ベンチャーキャピタル)が日本でも増えつつある背景から、上場を目指さない経営者も一定数います。

この記事を読んでいる人に人気の記事