IOT

年々IOTはとても身近なものになっています。スマートウォッチ、AI スピーカーなど私たちの生活にも徐々に普及始めています。今回はそんなIOTについて紹介していきたいと思います。

IOTの意味とは

IOT(Internet of Things)はインターネットに接続されているもののことです。有名なIOTとしてはやはりAI スピーカーが挙げられます。Google HomeやAmazon EchoやClova WAVEなど一度は聞いたことがあるでしょう。
これらのAI スピーカーは話しかけるだけで今日の天気を教えてくれたり、目覚ましをかけたりすることができる大変便利なものです。また、指定の家電製品と接続することによりAI スピーカーに話しかけお願いするだけで照明の明るさを変えたり、テレビの電源のON/OFFなどの操作が可能になります。これにより今まで大変だったデータの収集がリアルタイムで常時簡単に行うことができるので、交通機関、医療、農業など幅広い分野でIOTを取り入れようとする試みが増えてきています。

IOTの由来

IOTという言葉は昔から存在はしていました。しかし、当時はIOTに搭載されているセンサーやその機器自体のコストが高く、また通信環境もあまり整っておらず、普及するには至らなかったのです。ですが、近年はスマートフォンとともに便利に使えること理由から、多くのIOT製品が誕生しています。

IOTの文章・例文

例文1.IOTでものを遠隔操作する事で生活が便利になる
例文2.IOTデバイスを使ってデータを収集する
例文3.サイバー攻撃によりIOTテロが起こる可能性を考慮する
例文4.家電をIOTの電源をOFFにする
例文5.新しいIOT製品を開発する

IOTの関連語

IOTの関連語としては「スマートウォッチ」、「AI スピーカー」などがあげられます。

IOTのまとめ

今私たちの生活はIOT製品の普及によっとても便利になってきています。離れたところからでも、ものを離れた場所からでも操作できることによって鍵の閉め忘れた場合や電源のON/OFFなどを事故や事件の発生を未然に防ぐことが可能です。
しかし、当然IOT製品は悪用されることがあるということを知っておかなければなりません。今後、IOTを使った犯罪は必ず増えていくでしょう。そのためにもセキュリティ対策してIOT製品を悪用させないことが大切です。

この記事を読んでいる人に人気の記事