IaaS(イアース、アイアース)

「IaaS」とは「ネット経由で必要に応じてサーバーやストレージを企業向けに提供するクラウドサービス」です。今ではスマホでもクラウドサービスが当たり前で、撮影した写真をクラウドに保存するのは常識となりつつあります。そんなクラウド化の流れから、サーバーやCPUなどもクラウドとして主に企業などに提供するサービスが「IaaS」です。それでは詳しい解説に入らせて頂きます。

[adstext]
[ads]

IaaSの意味とは

「IaaS」の意味は以下の通りとなります。
(1)ITやクラウドサービスに関する専門用語で正式名称「Infrastructure as a Service」の頭文字からなり、仮想サーバーやストレージなどのネットワークのインフラを提供するサービスの事。
(2)クラウド環境でサーバーやストレージやネットワークなどの「コンピューティングサービス」の1つで、ユーザーは仮想化技術によってデジタルインフラをネット経由で提供される。
「IaaS」は「Infrastructure as a Service」を略した言葉で、直訳すると「サービスとしてのインフラストラクチャー(下支え、下部構造)」となります。掻い摘んで解説すると、現在は「クラウドコンピューティング」(又は「クラウドコンピューティングサービス」)である「クラウド」が主流となっていて、その理由はこれまではシステムを構築しサーバーなどを購入し運用やメンテナンスするのが一般的でしたが、これでは面倒であり費用も嵩むのでネット経由で必要な時だけその都度利用するサービスである「クラウド」が広く普及していきました。「クラウド」は主に3つに分類され、その内の1つが今回の「IaaS」で、残り2つは「PaaS」(パース)と「SaaS」(サース)になります。「IaaS」はパソコン本体の機能を提供し、「PaaS」はWindowsやmacOSのようなOSを提供し、「SaaS」はマイクロソフトオフィスのようなソフトウェアの提供をそれぞれクラウドで行っています。「IaaS」の具体的なものは、アマゾンの「Amazon Elastic Compute Cloud」、マイクロソフトの「Microsoft Azure」、グーグルの「Google Compute Engine」で、これらはコンピューティングやストレージやビッグデータなどをサービスを課金や購入によって受けられます。またサーバーのCPUやストレージ容量などを自由に決められ、ユーザーはデータやアプリなどの管理だけで済んでしまいます。よって、これまでの自社でサーバーを管理する「自社運用」から解放され、また導入コストの心配やトラブル対応も気にする必要がありません。しかし、「IaaS」のデメリットとしては、結局のところは専門知識を要するスタッフが必要であり、クラウドになるのでより厳重な管理が求められます。因みに、「IaaS」は「イアース」や「アイアース」と読むのが一般的ですが、正式には決まっておらず「アイアス」「イァース」と発音しても間違いではありません。

IaaSの由来

「IaaS」は2006年にアマゾン社が初めてクラウドコンピューティングサービス「Amazon Web Services」で商用ウェブサービス「Amazon Elastic Compute Cloud」を提供しました。これで自社データセンターのサーバー台数が大幅に削減され、様々な会社へのクラウドサービスを導入する切っ掛けとなりました。

IaaSの文章・例文

例文1.クラウドを展開するサービスの代表がIaaSになる。
例文2.IaaSを導入すれば多くの企業でインフラ整備のコスト削減になる。
例文3.IaaSはクラウドなので、ネット環境が構築されているのが絶対条件である。
例文4.我が社も遂にIaaSを導入する事になった。
例文5.最近は大企業だけでなく役所なども災害対策としてIaaSを導入するケースが増えている。
「IaaS」の解説めいた例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

IaaSの会話例

  • 質問者アイコン

    今日も疲れたよ。

  • 回答者アイコン

    家に帰ってくるなり、愚痴を吐かないでよ。一体今度はどうしたの?

  • 質問者アイコン

    それが、うちの会社もIaaSを導入する事になったんだけど、IaaSって何だか分かる? クラウドサービスなんだけどよく分からないだろ。その説明を受けたけど、もう途中からさっぱりで、だんだんと眠気や頭痛がして、もう明日から憂鬱だよ。

  • 回答者アイコン

    大丈夫だって。皆も分かっていないから。

仕事帰りの夫が妻に「IaaS」の愚痴を吐いています。

IaaSの類義語

「IaaS」の類義語には、「レンタルサーバー」「VPS」(仮想専用サーバー)などの言葉が挙げられます。

IaaSの対義語

「IaaS」の対義語には、「オンプレミス」(自社運用)などの言葉が挙げられます。

IaaSまとめ

「IaaS」は企業などに提供するクラウドサービスで、ネット接続によってストレージやサーバーを利用できるサービスです。これまで大企業などはサーバーなどを自社で導入していたので、その分でコストが嵩み作業員も必要でしたが、それを「IaaS」の導入によって費用削減や状況に応じてCPUやメモリやストレージ容量を自由に組み合わせが可能となりました。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事