GO⾔語

皆さんはGO⾔語というプログラミング⾔語をご存知でしょうか。GO⾔語はあの有名なGoogleが開発した⾔語です。Googleが開発したとだけあってandroidなどのネイティブアプリも作成可能です。GO⾔語はどのようなところで使われているのか、また、どのような特徴があるのか今回は紹介していきたいと思います。

GO⾔語の意味とは

GO⾔語は、Google社が作った⾔語ですが、多くのことがGO⾔語で実現できます。
コマンドライン・ツールの作成やモバイルアプリケーション作成、Webサーバー制御などに使われているのです。⾔語の特徴としては、⾮知的プログラマーのためにデザインされているため、エラーがわかりやすいことやコンパイルが早いなどがあります。コンパイルがなぜ早いかというとJavaのように仮想マシンを使ってコンパイルしているわけではないからです。
GO⾔語の仕様書はシンプルでとてもわかりやすいので、他の⼿続き型⾔語をマスターしていれば習得も容易でしょう。Go⾔語はオブジェクト指向のプログラミング⾔語ではないのでGO⾔語では、構造体、インターフェイスというものが⽤いられます。静的型付け⾔語であるので、型やメモリ管理は難しい反⾯、細かに制御できるのがメリットでもあります。また、C⾔語の構⽂はC⾔語に似ているところがあり、C⾔語を学習したことがある⼈は学びやすいかもしれません。GO⾔語は、従来の⾔語に⽐べてシンプルなため、他のエンジニアが⾒てもとてもわかりやすいものとなっています。

GO⾔語の由来

GO⾔語の名前の由来についてわかっておりませんが、⾔語の正式名称はGoです。おそらくGoogle社の「Go」から取ったのではと言われています。

GO⾔語の⽂章・例⽂

例⽂1.GO⾔語を使ってandroidアプリを作る
例⽂2.GO⾔語はでプログラミングをする
例⽂3.Googleが開発したプログラミング⾔語はGO⾔語である

例⽂4.GO⾔語でかかれたプログラムを確認する
例⽂5.GO⾔語を使ってサービスを提供する

GO⾔語の関連語

GO⾔語の関連語としては「Javascript」、「PHP」、「Python」、「Ruby」、
「Java」、「C#」、「C++」、「C⾔語」、「Swift」などがあげられます。

GO⾔語まとめ

GO⾔語は⾮常に使いやすいプログラミング⾔語となっているので、学んだことがない⼈は使ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んでいる人に人気の記事