GAFA

ITがこれだけ進んでいる昨今、新しい言葉もたくさん出てきていますし、新しい企業も多くあります。スタートアップの会社が一気に飛躍を遂げる事も多いですから、しっかりと注目しておきましょう。GAFAは2018年の流行語大賞にもノミネートされていますから、覚えておくといいですね。

GAFAの意味とは

GAFAの意味は4つの世界的IT系企業の頭文字をとったものです。Gは検索エンジンの「Google」AはiPhoneの「Apple」FはSNSの「facebook」Aはネット流通の「Amazon」です。こららの4つの企業はそれぞれの分野で市場のリ―ティングカンパニーであり、世界への影響力が非常に強いものとなっています。その反面、影響力が大きすぎて市場の公平な競争が出来ないという懸念も強くなっています。

GAFAの由来

GAFAの由来は「Google」「Apple」「facebook」「Amazon」の頭文字であり、情報通信技術(ICT)の巨人とも言われています。

GAFAの文章・例文

例文1.GAFAはクラウド領域でもイニシアチブを握っている
例文2.GAFAはビックデータの活用で利益を増やしていく
例文3.官民データ活用推進基本法はGAFAの存在があったからと言われる
例文4.GAFAの様な企業に入る事はエンジニアの憧れだ
例文5.戦略的なAI IOTもGAFAはリードしている
GAFAが持つ影響力は年々高まっており、例文にもある官民データ活用推進基本法が日本で成立した背景には多くのデータを持っているGAFAへの危機感があったと言われています。

GAFAの類義語

GAFAの類義語としては「GAFMA」「FANG」「FAAA」があげられます。「GAFMA」は上記の4つの企業にMicrosoftを足した言葉で「FANG」はアメリカの投資家ジム・クレイマーが注目の企業として取り上げたもので、2016年には「FAAA」と言っています。

GAFAまとめ

GAFAは様々なプラットフォームを用いて、個人データの収集と活用で成功している企業ですが、今後このデータの取扱いが世界においては大きな競争を生み出す事は間違いありません。そういった意味でも株価や新しい発表も踏まえて、見ておく事をオススメします。

この記事を読んでいる人に人気の記事