FPSをやる

FPS(えふぴーえす)

今日、ネットワークを利用したオンラインゲームが幅広く展開されています。スマホゲームは、昔では考えられないほどまでに多種多様なものが手軽にインストールすることができるようになりました。そんな多くのジャンルのゲームが存在しますが、その中にFPSというジャンルのものがあります。皆さんも一度は、耳にしたことがあるのではないでしょうか。今回は、そんなFPSの意味や使い方について解説していきたいと思います。

FPSの意味

FPSとは、ファーストパーソンシューティングゲームを意味する言葉であり、第一者(視点)で操作することのできるシューティングゲームのことです。

FPSの由来

FPSは、英語で表すと(First Person Shooter)であり、これらの頭文字をとってFPSという言葉が成り立っています。

FPSの文章・例文

例文1.今日、多くのプレーヤーにFPSは親しまれてプレイされている
例文2.今日は、何も予定がないので、友達とFPSをする予定である
例文3.現在、APEX Legendsというバトルロイヤル形式のマルチプレイFPSのユーザー数は1000万をゆうに超えているそうだ。
例文4.今日、多くの場所でeスポーツの大会が開催されていてFPSも競技対象として取り上げられている
例文5.FPSは、主人公と同じ視点で操作するスタイルのゲームである。
FPSは主に(First Person Shooter)を表す言葉として用いられますが、動画の滑らかさを表す数値としてもフレームレートとしても使われることがあります。使い間違えないように注意しましょう

FPSの会話例

  • 質問者アイコン

    今日は1日休みで予定もないんだよ。やっぱり休みの日は家でゆっくりするに限るね。君は今日予定ないのかい?

  • 回答者アイコン

    うん。今日は仕事も休みでね。特に予定もないからFPSをしようと思っていたんだ。一緒にやらないかい?

  • 質問者アイコン

    いいね。今日は休みだし、おもいっきり楽しむぞ。

  • 回答者アイコン

    よかった。他にも何人か一緒にできる人がいないか声をかけてみるよ

FPSなどを競技種目としてeスポーツいまとても注目を集めています。Eスポーツの大会でもものによっては賞金が数億円になることがあります。また、その盛り上がりを利用してストリーマーとして収入を得ている人もいるぐらいです。

FPSの類義語

FPSの関連語としては「立ち回り」「害悪」などがあげられます。

FPSまとめ

FPSは、日常会話ではあまり使われることはありませんが、知っていて損はないでしょう。また、eスポーツは新しいスポーツとしても注目されているため、今後FPSの大きな大会が開かれるかもしれません。そのときには、正しい意味で使えるといいですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事