FITで旅行をする

FIT(foreign independent travel)

多くの日本人が海外旅行に行く機会が増えてきているご時世、近年よく「FIT (エフアイティー)」という言葉を耳にしませんか?海外旅行によく行かれる方でも、これから海外旅行を検討中の方でも、今後は低価格で賢く海外旅行に行くためにも知っておいて損はないはずです。今回は「FIT」についての意味や由来を深堀りしていきます。

FITの意味とは

「FIT (エフアイティー)とは「foreign independent travel」の頭文字のFITを取り、アルファベット読みしたものです。「foreign」は外国の、「independent」は独立の、「travel」は旅行をそれぞれ意味します。
直訳すると、「外国へ独立の旅」。つまり、個人手配のことです。パッケージプランやツアーを利用せずに個人で航空券やホテルの手配をして海外旅行に行くことを意味します。

FITの由来

1964年の海外旅行自由化以降、日本ではパッケージツアーで行くことがほとんどでした。しかし、海外旅行をする人が年々増えることで多様化が進んでいきました。以前はパッケージツアーなどでの旅行が主流であり、個人手配ですと金額もパッケージツアーよりも高いものでした。そこで時代のニーズに合わせたものを生み出すことにより、金額はさまざまでありながらも「FIT」という言葉は1990年代以降に浸透していきました。

FITの文章・例文

例文1. FITで旅行に行く
例文2.前年に比べFITで海外旅行する人は増加の傾向にある
例文3.FITは時間の拘束がないので、思い通りに観光することができる
例文4.FITで予約のため、空港からホテルまでは送迎がない
例文5.単身赴任中であるため、家族にFITで来てもらわなくてはならない
個人手配を意味する「FIT」。意味を理解すればさまざまなシーンで利用することができそうですよね。

FITの類義語

LCC」も「FIT」の1つではないでしょうか。
現在ではLCCの普及により個人で格安航空券を手に入れることができるようになりました。費用を少しでも抑えたい方にはありがたいサービスです。「インバウンド」や「アウトバウンド」も旅行する上で欠かせない言葉です。
日本から他国へ旅行に行くことを「アウトバウンド」と指し、その逆(訪日旅行)が「インバウンド」です。

FITまとめ

現代では誰でも自由に海外に行けるようになったことにより、海外旅行経験者の人数は以前と比べて増えてきました。それに伴い、パッケージツアーでなく終日フリープランが好まれるようになりました。その背景には何度も同じ場所へ足を運んだりすることで、行動範囲を狭まれず、好きな場所で好きなことができることや時間に縛りがないことが挙げられます。海外への出張や駐在、知人への訪問などが増えたことにより、海外に行く際は「FIT」で海外旅行に行く方が増えていきそうですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事