eマーケティングをする人たち

eマーケティング(Internet marketing)

インターネットマーケティングのことを表す、主にビジネスの場で用いられる言葉です。
インターネット技術の発展によって、会社だけでなく個人でもネット上で商売を行うことは以前よりずっと敷居が低くなりましたよね。この言葉はそんな時代だからこそ、よりビジネスの場で言いやすい言葉として生まれたものなのかもしれません。
今回はそんな「eマーケティング」という言葉について、深く掘り下げてみたいと思います。

eマーケティングの意味

eマーケティングとはインターネット上の商売、インターネットマーケティングのことを指す言葉であり、他にもWEBマーケティング、ネットマーケティング、オンラインマーケティングといった表現もされるような言葉となっております。
eマーケティングのeとは「electronic」の頭文字から取られている言葉であるため、iマーケティングという表記ではないものとなっています。

eマーケティングの由来

このeマーケティングの始まりは一説では1994年。インターネットが誕生した1980年から約15年ほど経った頃の黎明期に、AT&Tというアメリカのとある大手電話の会社がオンラインの雑誌に世界で初めてバナー広告を掲載したことが始まりであるとされているため、この言葉の概念が生まれたのは1994年頃であると考えられます。

eマーケティングの文章・例文

例文1.eマーケティングを始める。
例文2.ローリスクなeマーケティングなら大丈夫そうだ。
例文3.彼は10年以上eマーケティングをしている人だ。
例文4.eマーケティングを通して億万長者となった。
例文5.彼女のeマーケティングの手腕はすさまじい。

eマーケティングは「ネット上の商売」という表現になる言葉です。

eマーケティングの会話例

  • 質問者アイコン

    最近個人でできるeマーケティングを始めたのですが、なかなかうまくいかないものですね。

  • 回答者アイコン

    敷居は低いかもしれませんが結局のところは商売ですからね。

  • 質問者アイコン

    言われてみればそれもそうですね。

  • 回答者アイコン

    営業の佐藤さんにアドバイス貰ってみたらもしかしたら今より売れるようになるかもしれないですね。

eマーケティングに必要なのは何より人に売るためにはどうすればいいかを判断できる能力と言えるかもしれませんね。

eマーケティングの類義語

eマーケティングの類義語としては、「ネット上の商売(ねっとじょうのしょうばい)」、「オンラインマーケティング(online marketing)」などが挙げられます。

eマーケティングまとめ

最近はスマートフォンという持ち歩けるパソコンのようなものが当たり前になった分、eマーケティングは参入するのは簡単でも、売り上げを出すためには結局のところビジネスマンとしての強い素質が求められるものになります。
アフィリエイトといったような、本当にパソコン一台あれば始められるeマーケティングも存在してはいますが結局のところそれもどうすれば広告を出す商品を買ってもらえるのか、その業界ならではの商売センスを身に付けていかなければそれでやっていくことは難しいと言えるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事