DHAを摂る

DHA(Docosahexaenoic acid)

普段の食生活の中でどれだけ栄養を意識した食事を心がけているでしょうか。おそらく食事だけでは必要な栄養素をほとんど摂取することができず、栄養バランスを意識している人はサプリメントを摂っている人が多いのではないでしょうか。体に必要な栄養素は無数にありますが、その中の一つとして「DHA」というものがあります。なんとなく名前だけは聞いたことがあるという人も少なくはないと思います。この「DHA」とはどういう栄養素なのかについて解説していきたいと思います。

DHAの意味

DHAとはドコサヘキサエン酸(Docosahexaenoic acid)の略称で不飽和脂肪酸の1種です。不飽和脂肪酸には他にもEPA(エイコサペンタエン酸)やドコサペンタエン酸(DPA)というものもあり、高度不飽和脂肪酸(PUFA)と呼ばれるものに分類されます。
DHAは食品としては、サバやイワシといった青魚の油に多く含まれていて、日本人はもともと魚を多く食べる食文化でしたが、近年は魚を食べる量が減ってきていて、それに伴いDHAの摂取量も減少傾向にあるようです。

DHAの由来

DHAは略称で、「Docosa Hexaenoic Acid」が総称になります。

DHAの文章・例文

例文1.DHA不足だからサプリメントで摂取しよう
例文2.DHAを摂るためには何を食べたらいいんだろうか
例文3.青魚にはDHAが豊富に含まれている
例文4.DHAを摂取すると頭が良くなると言われている
例文5.今日からDHAを意識的に摂取する
実際、DHAの摂取は脳に含まれる脂肪酸の主成分でもあるので、摂取量が少なければその働きは低下し、摂れば摂るだけ脳が正常な働きをするようになります。

DHAの会話例

  • 質問者アイコン

    最近、意識的に魚を食べるようにしてるんだよね。

  • 回答者アイコン

    急にどうしたの?
    健康志向にでも目覚めたの?

  • 質問者アイコン

    そうなんだよ。頭の働きを良くするためにDHAを摂取しようと思ってね。

  • 回答者アイコン

    私も摂ってみようかな。

上述したように、大人になってからでも魚を意識的に食べる、サプリメントを摂るといった手法でDHAを摂取する人はたくさんいます。

DHAの類義語

DHAは不飽和脂肪酸の1種なので、同じ不飽和脂肪酸の「EPA」や「DPA」は似たような存在であると言えます。

DHAまとめ

結論として、現代日本人はDHAの摂取量が昔に比べて減少傾向にあります。それを補うために意識的にサプリメントで摂取している人もいますが、まだまだ少数です。より頭の働きを良くするために摂ることをお勧めします。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事