CPUとはパソコンの頭脳です

CPU(Central Processing Unit)

CPUってなに?と思った事はないですか。
CPUとは、パソコンの「頭脳」です。聞いたことはあるけど、詳しくは知らないという方に説明していきたいと思います。

CPUの意味とは

CPUとは、「セントラル・プロセッシング・ユニット」の略で「中央処理装置」という意味があります。
コンピューター内部において数値計算やプログラム演算、他の演算ユニットの制御を行う演算ユニット・電子回路の一つです。
コンピューターの中核をなす部品であり、全体の処理や計算を行うパソコンの「頭脳」なのです。

CPUの由来

CPUの由来というのは存在しませんが、CPUの誕生としては1969年(昭和44)日本の電卓会社では電卓戦争と言われる時代でした。
その当時は、半導体技術は日本よりアメリカの方が遥かに進んでいたので、アメリカの半導体メーカーにLSIを注文していました。
電卓会社は新しい機種を出すたびに、新規を作らなければならなくなりました。LSIの設計は時間が掛かるので大変だったらしいです。
プログラム制御できるLSIを作っておけば、プログラムを入れ替えるだけで、別の機能を持たせることが出来ると日本のビジコン社(電卓メーカー)が、考えました。
これの発案者は1967年東北大学、化学科を卒業なさった「嶋 正利」さんという方です。
アメリカのインテル社のTed(=Edward) Hoffらと共同開発をして、1971年世界最初のCPUが(中央演算素子)4004が完成しました。

CPUの文章・例文

例文1.CPUへデータを読み込む
例文2.CPUパフォーマンスの解析
例文3.CPUとはパソコンの「頭脳」ともいえる非常に重要なパーツだ
例文4.CPUの性能が高いほどPCの処理速度が速くなる
例文5.CPUの表記を理解すると性能がわかる
CPUはパソコンにとって重要なパーツです。
パソコンの性能をチェックする時などには、どこを見ればいいのかなど確認が大事です。

CPUの会話例

  • 質問者アイコン

    CPUだけが高性能でもダメなんだよね...。

  • 回答者アイコン

    うん。そうだね。

  • 質問者アイコン

    周辺回路の動作速度が遅いと性能が発揮されないからね

  • 回答者アイコン

    パソコン全体のバランスもとても重要になってくるね。

上記の会話の通り、CPUだけが高性能でもダメなのです。
クロック周波数が高ければ、高性能だと思われがちですが、それは内部構造が同じ場合のみです。

CPUの類義語

CPUの類義語としては、「プロセッサ」「中央演算処理装置」などがあります。

CPUまとめ

CPUとはプロセッサーと呼ばれていて、簡潔に言うと「頭脳」です。
性能が高ければ高いほど高速処理できるので、人間で例えると頭の回転が速いのと同じです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事