CPC

皆さんはCPCという言葉を聞いたことがありますか?ウェブ広告に携わる人であれば間違いなく一度は耳にした言葉です。
今の時代、新聞やテレビでの広告は段々とウェブに移行していますので、特に会社を経営していたり、ウェブ担当者だったりという方は絶対に知っておくべき単語です。
キチンと意味を理解しておかないと、代理店の言いなりになってしまいますので、先ずは単語の意味をキチンと理解して少なくとも会話が出来るようになりましょう。

CPCの意味とは

CPCとはCost Per Click(クリック毎費用)の略語で、一言で言えば広告1回のクリックに対していくらの費用がかかったかを示す専門用語になります。ウェブ広告は現在多種多様で非常に多くの種類がありますが、馴染みがあるところでいくとGoogle、Yahoo!などの検索エンジンで検索をかけた際に出てくる「検索」と表示があるものがそれにあたります。

CPCの由来

ウェブの発展に伴って出てきたウェブ上の広告成果を示す指標の1つがこのCPCとなります。
新聞広告やテレビ広告と大きく異なる点として、広告の成果が測れるというのはウェブの大きな利点になりますので、広告に関わっているのであれば間違いなく知っておきたい用語です。

CPCの文章・例文

例文1.CPCが高いのでクリック上限単価を調整する
例文2.人気のキーワードは必然的にCPCが高くなる
例文3.CPCが出来るだけ低い未開拓のキーワードを探し当てたら一攫千金だ
例文4.CPCが高くなっている傾向にあるから、日々調整をかけて経過を見る
例文5.上限クリック単価の設定が低すぎてクリック数が伸び悩んでいる
CPCという単語だけではどうしても理解が浅くなってしまいますので、ウェブ広告に関するキーワードを一通り理解出来るとキチンと使える単語になります。

CPCの類義語

CPCの類義語としてはCPAという単語があります。これは「Cost Per Action」の略なのですが、先ほどのCPCは表示された広告がクリックされる際の平均単価を表していたのに対して、CPAは最終的にウェブ上のゴールである「お問い合わせ」「商品購入」などに繋がるまでに1件あたりいくらの費用がかかったかを示すものになります。

CPCまとめ

いかがでしたでしょうか?今や企業活動をしていくにあたってウェブ広告は欠かせないものになっています。種類も多岐にわたり、業界やターゲット層によってもどこにどれだけの予算を投下すれば良いのかは変わってきます。
直接の担当者として作業をしないまでも、その内容をキチンと理解していないと余分な広告費をただかけるだけになってしまいますので、キチンと概要を掴んでおきたいものです。少なくとも担当者が何の事を意図しているのかくらいは理解出来る知識が必要です。

この記事を読んでいる人に人気の記事