COCOAをインストールする男性

COCOA

コロナウイルスの影響で、皆さんもストレスや不安を抱えていることでしょう。そんな中であるアプリが今話題となっています。それが厚生労働省がリリースしたアプリ「COCOA」です。それではCOCOAについて、詳しく説明をしていきましょう。

[adstext]
[ads]

COCOAの意味とは

COCOAとは新型コロナウイルスの感染者との濃厚接触の可能性を知らせる接触確認アプリのことです。厚生労働省が公式に6月19日にリリースしたアプリ「COCOA」なのですが、6月21日17時時点でのダウンロード数が約241万件となっており、多くの人が使うほど、感染拡大の防止効果が期待されています。このアプリを使うことによるメリットは、接触の可能性を早く伝えることで、接触した人が、検査の受診など保健所のサポートを早く受けられるということです。1メートル以内で他のユーザーと15分以上いた場合「接触」扱いになり、陽性者との接触があった場合は通知される仕組みになっています。感染の早期発見にはとても適したアプリであると言えます。

COCOAの由来

正式名称は「新型コロナウイルス接触確認アプリ」で、新型コロナの感染拡大をきっかけに厚生労働省が公式に2020年6月19日にリリースしたアプリです。

COCOAの文章・例文

例文1.COCOAのアプリをとってコロナの感染を気をつける。
例文2.COCOAは厚生労働省が公式で公開したアプリである。
例文3.COCOAはすでに241万件ダウンロードされている。
例文4.COCOAが日本のコロナ拡大を防ぐきっかけになることを願う。
例文5.COCOAのようなアプリはみんなダウンロードした方が良いだろう。
コロナウイルス対策として今後も活躍してくれることを願いたいですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

COCOAの会話例

  • 質問者アイコン

    厚生労働省が新しく出したアプリ知ってる?

  • 回答者アイコン

    何それ、全然知らない。なんていうアプリなの?

  • 質問者アイコン

    「COCOA」っていうアプリだよ!公開して2日くらいで241万件ダウンロードされてるんだよ!

  • 回答者アイコン

    えー、全然知らなかった、これから私たちもダウンロードしなきゃね!

このような便利なアプリが広まったら少しはウイルスの拡大も抑えてくれることでしょう。

COCOAの類義語

COCOAの関連語は、「コロナウイルス」「厚生労働省」「コロナウイルス早期発見」などです。

COCOAまとめ

コロナウイルスによって世間に不安や緊張があるなか、このようなアプリケーションで早期発見する事が可能になれば、ある程度の心配は取り除かれるのではないでしょうか。こうしたアプリをみんなが使うことによってより安全で安心な世の中になっていけば良いですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事