CMS

最近のホームページはそれまでのHTML・CSSといった専門用語を駆使せずとも作成が出来るようになりました。
それを可能にしているのが、CMSという技術です。しかし、そのCMSについて言葉は聞いた事があるけどよく分からないという方は多いと思います。そこで、今回はCMSとは一体なんなのかご紹介します。

CMSの意味とは

CMSとはContents Management Systemの略で、「コンテンツ管理システム」と訳せます。
これまではホームページを作るとなるとHTML・CSSをはじめとする専門的な技術を駆使する必要がありました。
自社でやるには時間がかかりすぎるし、外注するにはお金がかかりすぎるという難点を解決したのが、CMSの存在です。

専門技術は必要なく、画像やテキストを用意さえすれば作成出来るような型があり、そこに要素を流し込む事で作成が可能になりました。
代表的なものはWord PressというCMSです。

CMSの由来

実は、CMS自体は昔からありました。しかしそのほとんどが大企業向けのもので、中小企業が手を出すにはとてもじゃないけど支払えないような金額でした。
また、機能面でも複雑で分厚いマニュアルを読む必要がありました。そこで、それを解決したのがブログなのですが、あまりに仕様が簡素なためやりたいことが出来ないという不満がありました。そういった背景から現在使われているようなCMSが開発されて爆発的に拡散することになりました。

CMSの文章・例文

例文1.これはCMSを使用して作ったサイトです
例文2.CMSを利用することでホームページの作成時間が大幅に短縮された
例文3.CMSを利用しない手はない
例文4.現在代表的なCMSであるWord Pressは全世界のホームページの半数以上で使われている
例文5.CMSの発達によってホームページは中小企業にも広く広まるようになった
今やホームページを持っていない企業の方が少ないと思いますが、その背景にはCMSの存在があります。興味があれば自社のホームページがどのように作られたのか質問をしてみるのも良いかもしれません。

CMSの類義語

CMSは専門用語のため、類義語はありません。先ほど紹介したWord Pressなどではプラグインという追加機能があり、それを利用することでより多機能のホームページを作成することが出来るようになりました。

CMSまとめ

CMSの発達によってホームページは一気に身近なものになりました。しかし、CMSの存在を知っている人は業界の人を除けばそれほど多くはないです。少し詳しいだけでも周りの人から頼られる存在になりますし、場合によっては自社のWeb担当者に抜擢される事もあるかと思います。知っておいて損はない知識ですので、是非積極的に勉強してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んでいる人に人気の記事