BtoCのビジネスモデルを検討する

BtoC(Business to Consumer)

BtoCとは、企業が消費者を顧客として製品の販売やサービスの提供を行うことです。私達が生活するにあたって必要な生活必需品であったり、食べ物であったりと企業から直接購入を一度は行ったことはあると思います。それこそまさにBtoCと言えます。今回はそんなBtoCについて使えるシーンとともにみていきます。

[adstext]
[ads]

BtoCの意味とは

BtoCの意味は、企業が消費者を顧客として製品の販売やサービスの提供を行うことです。企業が消費者を顧客としたビジネス・モデルのことでビジネスシーンでよく耳にする言葉だと思います。

BtoCの由来

BtoCの由来は、Business to Consumerにあり、それらの略語です。

BtoCの文章・例文

例文1.ものづくりの技術力を売りにして製品を販売するためにBtoC向けのECサイトを立ち上げる。
例文2.BtoCの商品だけを提供する企業なので、経済状況が悪く消費者があまり製品を購入しなくなると経営が立ちゆかなくなることが予想される。
例文3.BtoCのビジネス・モデルにあたってリピーターをいかに増やすかが重要となってくる。
例文4.商品のBtoC販売を促進するため、多くのメディアを通して自社の製品をアピールする。
例文5.BtoCの定期購買を利用することによって普段よりも安く製品を買うことができる。
これらからBtoCという言葉は、企業が消費者をターゲットにしたビジネスシーンで使われることが多いです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

BtoCの会話例

  • 質問者アイコン

    日本のものづくりが最近はまた注目を集めているらしいよ。

  • 回答者アイコン

    そうなのかい。具体的にはどういったことで注目を集めているの?

  • 質問者アイコン

    今日は、誰でも簡単にBtoCのECサイトを立ち上げることができるからものづくりの技術力を活かし、インフルエンサーなどとのコラボ商品などを生み出すことによって販売を促進しているんだ。

  • 回答者アイコン

    それはいいね。製品の質も高そうだし気になるよ。

これは日本ものづくりについて話している様子です。こういったビジネスモデルは、マイクロD2Cと言われたりもします。

BtoCの類義語

BtoCの類義語には、「BtoB」「EC」「MRO」などがあります。

BtoCまとめ

今日では、インターネットの普及とともに必要なものを必要なときにどこからでも購入できるようになっています。企業から直接製品を買うといったようなBtoCを体験したことがある人も多いと思います。なのでBtoCという言葉の意味を知っておけると役に立つと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事