BtoB(Business to Business)

BtoBとは、企業がサービスや製品を企業に対して販売、提供するビジネス・モデルのことです。企業が目標を実現するために、製品やサービスなどを消費者に直接販売するケースもあれば、企業に対して販売する場合もあります。そういったビジネス・モデルを簡単に表す言葉としてBtoBが使われているのです。今回は、BtoBについて使い方を交えて解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

BtoBの意味とは

BtoBの意味は、企業がサービスや製品を企業に対して販売、提供するビジネス・モデルのことです。BtoBは資本の大きな企業を相手にするため、大きな利益を安定して得られるという特徴があります。普段私達が生活している中でBtoBのサービスや製品などはあまり目にすることはありませんが、数多く存在します。なので、BtoBという言葉を知っておくとよいと思います。

BtoBの由来

BtoBの由来は、「Business to Business」にあり、それらの略語になっています。

BtoBの文章・例文

例文1.BtoBのサービスを提供する我社の売上はとても安定しているため、サービスの改善に多くのコストをかけることができる。
例文2.この企画で現在開発している製品は、BtoB向けのものである。
例文3.BtoBの部品生産を行っている企業は他の企業から発注を受け、オーダーメイドの部品の生産にあたることになったが、大量受注品なので生産コストを抑えることができる。
例文4.BtoB向けの製品の資料請求を行い、どのサービスを利用するか考える。
例文5.BtoB向けのアプリケーションの企画案を提案し、見事採用される。
これらからBtoBという言葉は、企業のサービスや製品の説明として使われることが多いです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

BtoBの会話例

  • 質問者アイコン

    この前、自社の新しいBtoBアプリケーションサービスを企業に提供したいという話になったんだよね。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。すでにどんなアプリケーションにするのか企画はまとまっているのかい。

  • 質問者アイコン

    うん。ただ詳細についてはまだ固まっていないから今度話し合いをして詰めていくつもりだよ。

  • 回答者アイコン

    そっか。どのようなサービスになるかそしてどう使われていくのかが楽しみだよ。

これはBtoBのサービスについて話している様子です。

BtoBの類義語

BtoBの類義語には、「BtoC」「EC」「MRO」などがあります。

BtoBまとめ

BtoBという言葉は、ビジネスシーンでは耳にすることもあると思います。意味を知らないと話しを理解することもできないこともあると思うのでこれを機会に覚えておきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事