BCGワクチンと注射器の画像

BCGワクチン(びーしーじーわくちん)

現在もなお感染者が増加し続ける新型コロナウイルス。ワクチンの開発が急ピッチで進められているなか、オーストラリアのある研究所が新型コロナウイルスに対する「BCGワクチン」の効果を検証する、臨床実験に着手したとのニュースがありました。
さて、この「BCGワクチン」とはいったいどんなものなのでしょうか?詳しく解説をしていきます。

BCGワクチンの意味とは

「BCGワクチン」とは、結核を予防するワクチンの通称です。
あまりピンと来ていない方は「ハンコ注射」という言葉は知っているかもしれません。子供の頃、腕に注射の跡が残っていたのではないでしょうか。

BCGワクチンの由来

「BCG」というのは「Bacille Calmette-Guerin(カルメットとゲランの菌)」の略でこのワクチンを開発した研究者の名前に由来します。
「BCGワクチン」はもともと牛に感染する牛型結核菌を時間をかけて弱めたもので、1921年に世界で初めて新生児に投与されました。日本には1924年に菌がもたらされ、1965年には日本の「Tokyo 172 strain」という菌から作られた「BCGワクチン」がWHOの国際参照品というものに指定されました。

そして、新型コロナウイルス感染症患者が世界で急増する中、『「BCGワクチン」の接種を実施している国は、そうでない国に比べると、新型コロナウイルスの感染者数や感染者に対する死亡者数の割合が低い』と指摘されています。
確かに、「BCGワクチン」の全例接種を実施している日本に比べ、40年ほど前から全例接種が中止されているイタリアの感染者数や死亡率の割合は高く、日本は比較的低いといえます。

こうした指摘により、世界各国で「BCGワクチン」の新型コロナウイルスに対する効果の検証が始まりました。

BCGワクチンの文章・例文

例文1.BCG接種は生後1歳になるまでに受ける必要がある。
例文2.BCGワクチンに効果は結核だけでなくハンセン病に対しても予防効果がある。
例文3.国によってBCGワクチンの接種体制は異なる。
例文4.BCGワクチンはハンコ注射とも呼ばれる。
例文5.新型コロナウイルスに対してBCGワクチンの効果が期待される
BCGワクチンの効果は様々な病気や感染症に期待できそうです。

BCGワクチンの会話例

  • 質問者アイコン

    久しぶり!お子さんは元気?

  • 回答者アイコン

    元気だよ。そろそろBCGワクチンの接種をしないといけないの。

  • 質問者アイコン

    BCGワクチンってなんのこと?

  • 回答者アイコン

    結核の予防接種だよ。ハンコ注射ってよく言われてるかな。

日本では定期予防接種という体制ですが、欧米では医療従事者などの感染リスクの高い人のみ接種を受けるという体制になっています。

BCGワクチンの類義語

「BCGワクチン」の類語には「結核(けっかく)」や「ハンコ注射(はんこちゅうしゃ)」などがあります。

BCGワクチンまとめ

今回は「BCGワクチン」について解説をしました。
結核を予防するためのワクチンに新型コロナウイルスに対する効果が期待できるかもしれない、というのはとても驚きですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事