5Gが展開される通信網

5G(ふぁいぶじー)

最近、5Gという言葉をよく耳にすることが多いと思います。ですが、5Gって何?4Gと何が違うの?と思う方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?そこで5Gについて解説していきます。

[adstext]
[ads]

5Gの意味とは

5Gとは、第5世代移動通信システムといいます。2020年春から日本国内でサービスを開始しており、現在主流の通信規格「4G」よりも格段に早い通信速度で、遅延なく多くのデバイスと通信できるなど、より便利な通信環境になります。

5Gの由来

5GのGは「Generation(世代)」といい、つまり第5世代の通信システムという事です。1980年代~1990年代にかけて、1G“アナログ携帯電話”時代があり、その後1999年に2G“デジタル化とデータ通信”時代になり、NTTドコモがiモードを開始、各種の情報提供やインターネットメールが携帯電話でできるようになりました。
そして、3G“初の世界基準”に変わり、今の携帯電話サービスの基盤である周波数帯域を決め、3Gでは継続的かつ急激な高速化が実施されました。
その後、今使っている4G“スマホと高速化”時代に入りLTE(Long Term Evolution)が開発され、携帯電話での通信がより高速化しました。そして、2020年春から5G“社会を支えるモバイルネットワーク”時代に入りました。

5Gの文章・例文

例文1.携帯電話は、これから5Gが主流になる。
例文2.5Gで通信速度が上がるけど、セキュリティ面では不安もある。
例文3.5Gの全国導入には時間がかかると思う。
例文4.トヨタがスマートシティ作るのは5Gの未来を見越している。
例文5.5Gになったら、2時間の映画を3秒でダウンロード可能。
ドコモ、au、ソフトバンク、楽天共にセキュリティの課題が大きく上げられることになると思います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

5Gの会話例

  • 質問者アイコン

    5Gって通信速度が上がるのは分かったけど、それでどうなるの?

  • 回答者アイコン

    一回の通信で送れる情報が多くなることだから、例えばテレビが超高画質になるとか!!

  • 質問者アイコン

    確かに、今4Kや8Kとか出てきているよね。他には?

  • 回答者アイコン

    VRやARも発展して、音楽ライブとかも映像通してリアルに見えるんじゃないかな。

通信速度が上がるだけでなく、通信容量も増えるからとてもすごい技術進化なのです。

5Gの類義語

「5G」の類義語としては「1G」「2G」「3G」「4G LTE」が上げられます。

5Gまとめ

5Gについて解説してきましたがいかがでしょうか?
通信技術の進歩によって高速通信がより高速になり、それに伴って、社会の在り方、私達の生活にも変化を与えていくことは間違いありません。今後の普及でどのようになるかに注目です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事