2世タレントだった

2世タレント(にせいたれんと)

日本だけではなく、世界には数多くの俳優業や歌手をしているタレントとが存在しており、メディアで目にすることが多い人から最近は見かけなくなった人まで様々です。そんな中、メディアが普及し出した頃に活躍してたタレントの子供が芸能界で活躍しているという時代になってきました。そうしたタレントは「2世タレント」と呼ばれることがあります。そこで、この「2世タレント」という言葉について、解説をしていきたいと思います。

2世タレントの意味

2世タレントとは、片方もしくは両方の親を歌手や俳優などのタレントに持つ人物のことを指す言葉です。世間的には親の功績があるから芸能界に入れたと思われることもあるため、「親の七光り」のように否定的な言葉で表現される場合もあります。2世タレントの中には、そうした思われ方をすることを防ぐため名前を変えたり、メディアに親の名前が出ることをしないようにする方もいます。

2世タレントの由来

実際にいつ頃から使われていたかは定かではありませんが、2世タレントがメディアに多く露出するようになり世に広まった言葉になります。

2世タレントの文章・例文

例文1.あのタレントは実は2世タレントだったらしいよ
例文2.2世タレントは親のコネで活躍できているイメージがあって、好きになれない
例文3.2世タレントに良いイメージがなかったけど、演技力がすごくてファンになった
例文4.親が芸能人の2世タレントには憧れる
例文5.実は私は2世タレントなんです。
2世タレントというものに対してのイメージは賛否両論で、親のコネというイメージもあれば、それでも演技力や歌唱力が高くて高評価されている場合もあります。

2世タレントの会話例

  • 質問者アイコン

    昨日ドラマに出ていた女優は、実は2世タレントらしいね。

  • 回答者アイコン

    全然知らなかった!
    確かに誰かに似てるなーとは思ってたけど。

  • 質問者アイコン

    2世タレントだけど、演技はすごくうまかったよね!

  • 回答者アイコン

    そうだね。すごくよかった!

会話例のように、すでにメディアに露出していても2世タレントと知られていないことも多いですね。

2世タレントの類義語

2世タレントと似たような言葉としては、上述した「親の七光り」や「2世芸能人」といったような呼ばれ方をすることもあります。

2世タレントまとめ

2世タレントは確かに親が芸能人ということでメディアに露出するきっかけになったことが多い人かもしれませんが、その後の実績や功績は本人が築き上げてきたものなので、親がタレントだからというのは関係ないのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事