黙祷をする女性

黙祷(もくとう)

黙祷は声を立てずに祈る行為で、心の中で対象に語り掛けることや、自分の気持ちをみつめ、考えを整理することが行われています。日本では弔意を表す際にも行われ、終戦の日などに戦死・戦没者への慰霊の意味から黙祷を行う行事も見られます。黙って行うために極めて個人的な行為ですが、こういった各々の個人的な気持ちは心の中にしまわれるため、黙祷の際に誰が何を思っているかは、語られない部分です。

黙祷の意味とは

黙祷の意味とは、無言で祈りを捧げることであり、特に、死者に対し弔いの意をこめて祈りを捧げることとなります。

黙祷の由来

黙祷の由来は、古くは中国・唐の韓愈の詩に「黙祷」は使われています。「黙」は黙る、「祷」は祈るという意味がありその二つの漢字を組み合わせて「黙祷」が成り立っています。そして日本では昔から故人を偲ぶ為の所作・儀礼として使われています。

黙祷の文章・例文

例文1.黙祷とは目を瞑り、声を立てずに祈りをささげることである。
例文2.黙祷は宗派の儀式というわけではなく、世界共通だ。
例文3.1分間、死者を思って黙祷をささげた。
例文4.式典で黙祷の挨拶を頼まれた。
例文5.黙祷は社会人であれば当然知っているべき所作である。
私達の身近な例でいうと、お葬式やお通夜にも黙祷が行われ、故人を偲ぶ行為として使われています。

黙祷の会話例

  • 質問者アイコン

    黙祷をするときに合掌って必要なの?

  • 回答者アイコン

    厳格な決まりはないけれど、無言で祈ることを指しているから合掌する、しないは個人の自由だと思うよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだ。ということは、時間も決まっていないのかな?

  • 回答者アイコン

    うん。決まりはないね。ただ一般的には1分間の黙祷が多いみたい。

声を発さないことも大切ですが、「黙祷」の時間は基本的にはとても静かな時間です。体を動かすことで音を立てないように、動かずじっとして祈ることも大切です。

黙祷の類義語

「黙祷」の類義語には「黙想」があります。

黙祷まとめ

黙祷には、特に厳しい決まりがあるわけではありません。それでも、最低限守るべきルールがあります。難しいルールではないので、確実に身につけておきましょう。悲惨な事故や故人を偲ぶ思いが黙祷には重要になるのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事