伝説の生物である麒麟の姿

麒麟(きりん)

「麒麟」と聞くと日本ではおなじみのキリンビールを思い浮かべる方がいるのではないでしょうか?まさにその通りで、キリンビールのカッコいいパッケージに描かれているものが、「麒麟」です。一体「麒麟」とは何なのか?意味や由来などを例文などを出して今回は解説していきます。

麒麟の意味とは

「麒麟」とは中国神話に登場する伝説上の霊獣です。

麒麟の由来

麒麟の由来はソマリアのソマリ語で「geri」という言葉に中国語の発音で「killin」というものが類似していたことからきています。そして現代では中国語でキリンの事を麒麟とは言わず、「長頸鹿」と呼んでいます。また紀元前480年ころに孔子が著した「春秋」をはじめとして、歴史書や辞典等にも「麒麟」について記録が残っていて、麒麟は中国に伝わる伝説上の動物で、おめでたいしるしとも言われている。他を慈しみ、思いやりのある動物で、生きている虫をも踏まず、草をも折らない百獣の長と言われていて、現在、日本では東京都中央区の日本橋に建っている麒麟像でも有名です。

麒麟の文章・例文

例文1.仕事終わりは、やっぱり麒麟のビールが最高ですね。
例文2.お笑い芸人の麒麟の川島はいい声です。
例文3.アフリカに生息している首の長い動物は麒麟と言います。。
例文4.日本の道路の起点となり、羽ばたけるよう、日本橋には麒麟像が建てられている。
例文5.日本でも動物園に行けば、麒麟を間近で見る事ができる。
上記が「麒麟」の文字を文章に当てはめた際の例文です。

麒麟の会話例

  • 質問者アイコン

    キリンビールのロゴってかっこいいですよね

  • 回答者アイコン

    でも動物のキリンには見えないです。何の動物なんですか?

  • 質問者アイコン

    伝説上の生き物の「麒麟」ですよ。首の長いキリンとは、また違うみたいです。

  • 回答者アイコン

    そうなんですね。始めて知りました。

上記が「麒麟」を使った会話文です。キリンビールは「よろこびがつなぐ世界へ」というスローガンでやっているそうです。

麒麟の類義語

「麒麟」の類義語には「霊獣」「一角獣」「龍」「ユニコーン」などが挙げられます。

麒麟まとめ

いかがだったでしょうか?「麒麟」は伝説上の生き物であったことが分かりましたね?全体は鹿のように頭に角が生えていて、牛のようなおしり、馬のような蹄(ひづめ)もあります。また体毛は五色に輝いていると言われていますので、現実の世界では存在していないことが分かります。しかし、古人が描いたと言われている絵が残っているので、いったい誰が何を見て書いたのか、謎に包まれている部分も残っております。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事