骨格タイプ(こっかくたいぷ)

「骨格タイプ」とは「年齢や体重変化に影響されない理想のファッションスタイルが判明する骨格診断」です。これまでにお店で店員に勧められたから買ったのに、どうも似合わないという洋服ってありませんか? また雑誌で見た最新ファッションを真似したらどうも合わない。こんな経験って、実は自分のスタイル・タイプを理解していないから起こる「ファッションあるある」なのです。何も身長が大きいや太っているが原因という訳ではなく、生まれ持つスタイルに合わせたファッションが肝なのです。それでは「骨格タイプ」の解説となります。

[adstext]
[ads]

骨格タイプの意味とは

「骨格タイプ」の意味は以下の通りとなります。
(1)生まれ持った身体からスタイルが綺麗に見える着こなしを提唱する「骨格診断」の事。
(2)筋肉や脂肪や骨によってスタイルを3タイプに分類するもので、ファッション業界では定番の方法となっている。
(3)どのような服装が似合うのか悩んでいる男女に対して、年齢や体重変化に左右されないスタイルを提唱する自己診断やファッション診断の一つ。
「骨格タイプ」は正しくは「骨格診断」の3タイプ「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の事で、これは性別や年齢や肥満痩身に関係なく誰もが分類する事ができます。元々は骨格診断アナリスト協会代表理・二神弓子さんが提唱したもので、どんな人でも自分に似合う洋服を選べる理論(診断)として紹介したところ、ファッション雑誌などでも取り上げられ世間から大変好評を得て現在に至ります。具体的には、手首・胸元・鎖骨・背中・腰の位置等々の特徴によって「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」に分類し、それぞれに似合うファッションスタイルをお勧めしています。例えば、女性で「ストレート」なら上重心なのでオシャレなワンピースなどが似合うといった感じです。その関連として今では、「骨格タイプ」によるダイエット法や似合う髪型や髪色なども提唱し、これまでオシャレで悩んできた人達の支えとなっています。

骨格タイプの由来

「骨格タイプ」並びに「骨格診断」の原形となるのは骨格診断研究家・拓植裕子さんが発案した「骨格構造によるファッションコーディネート理論」で、これを1996年に骨格診断アナリスト協会代表理・二神弓子さん達がより進化させて誕生しました。

骨格タイプの文章・例文

例文1.骨格タイプを参考にすればファッションで悩む事もなくなる。
例文2.兄はイケメンでストレートタイプ、弟の自分はナチュラルタイプと同じ兄弟でも骨格タイプが違ってくるのはどうも納得できない。
例文3.骨格タイプとパーソナルカラー診断も合わせれば、似合うファッションと色味も分かり鬼に金棒である。
例文4.スタイル良さや若さを気にするなら骨格タイプに合った服装を選択すれば間違いない。
例文5.洋服を買いに行ったら、店員さんから骨格タイプを勧められ長年の不満が解消しファッションの極意を掴んだ気がした。
ファッション診断でもある「骨格タイプ」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

骨格タイプの会話例

  • 質問者アイコン

    せっかく雑誌を見て最新ファッションを一式購入したのに、どうも似合っていないんだよな。

  • 回答者アイコン

    うーん。確かにいつも着ていたユニ○ロの方がオシャレに見える。

  • 質問者アイコン

    だよね。ちょっとショックだよ。って事は俺はファッションなんか気にしなくていいのかな?

  • 回答者アイコン

    ところで骨格タイプとか気にして選んだ? 自分のスタイルに合う服じゃないと、どんな高級ブランドでも合わないよ。

彼氏のファッションについて彼女と会話をしています。

骨格タイプの類義語

「骨格タイプ」の類義語には、「体型診断」「ボディ診断」「パーソナルカラー」などの言葉が挙げられます。

骨格タイプまとめ

「骨格タイプ」は自分に似合うファッションを見つけられるとして近年注目を集める「骨格診断」の事で、年齢や現在の体型ではなく生まれ持った体の特徴で「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3タイプに分類するのが特徴です。己の「骨格タイプ」に合ったファッションにするとスタイルが良く見えたり、センス良さが光るようになるのでこれまで以上に自信が持てたりファッションを楽しめるようになります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事