駑馬十駕の精神で頑張ってきた騎手と馬

駑馬十駕(どばじゅうが)

継続は力なり、ローマは一日にして成らずといった言葉と並ぶ、続けることの大切さを表した四字熟語になります。
何かを続けるということは大変な労力が要るものかもしれませんが、続けないことには何も変わらないこともまた事実ですよね。
今回はそんな「駑馬十駕」という言葉について、深く掘り下げていきたいと思います。

駑馬十駕の意味とは

「駑馬十駕」とは、特に秀でた才を持っている者でないとしても、こつこつと行動を積み重ねていけば才能があると言われる人達と同じ場所に行くことができるといった意味を持つ四字熟語です。
このような誠実な意味を持った言葉であるため、アンダーアーマーというスポーツ用品メーカーではこの言葉がプリントされた商品を出したことがあります。

駑馬十駕の由来

「駑馬十駕」という言葉は、「走ることが遅い馬であっても、10日間走らせてみれば走ることに秀でた馬の1日の走行距離と並べるくらいには走ることができるようになる」という、紀元前の儒学者・思想家である荀子という人物が残した言葉が由来とされています。
画数が多いため一見同じ文字に囲まれた四字熟語に見えますが、よく見ると遅い馬のことを表す「駑」という文字と追い抜いていくといった意味を持つ「駕」という文字で重なることによって、このような意味を持つ言葉として成り立っています。

駑馬十駕の文章・例文

例文1.駑馬十駕の精神で勉強に臨む。
例文2.誰しも駑馬十駕の心構えは持つべきものかもしれない。
例文3.駑馬十駕を座右の銘としていたが、トラブルに巻き込まれ借金を背負ってしまった。
例文4.賭け事が好きだった彼も子供が出来てからは駑馬十駕の精神を大事にするようになった。
例文5.仕事が遅かった彼も、駑馬十駕の努力によって今では誰よりも早くこなせるようになった。

駑馬十駕という言葉は座右の銘としてもいいものかもしれませんね。

駑馬十駕の会話例

  • 質問者アイコン

    この間私の息子が喧嘩をしたのですが、その時に自分は「馬」だと言ったそうなんです。

  • 回答者アイコン

    馬ですか?

  • 質問者アイコン

    はい、自分は「駑馬十駕」な馬であると。

  • 回答者アイコン

    色々な意味で将来有望な息子さんじゃないですか。

劣等感と負けず嫌いな性質を持っている人に駑馬十駕という言葉を教えてみたら大事にするかもしれませんね。

駑馬十駕の類義語

駑馬十駕の類義語としては、「大器晩成(たいきばんせい)」や「石の上にも3年(いしのうえにもさんねん)」などの言葉が挙げられます。

駑馬十駕まとめ

「一発逆転」という、賭け事好きにはたまらない言葉もありますが、成功すれば儲かるという噂が絶えないYouTuberの方々も、最初は誰にも見られないかもしれないにも関わらず、大変な労力を要する撮影、動画編集という作業をコツコツ積み重ねて今の地位を築いたことを考えると、どんな時代になっても「駑馬十駕」の姿勢は常に持ち続けるべきなのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事