飼い犬に手を嚙まれる(かいいぬにてをかまれる)

「飼い犬に手を嚙まれる」とは「面倒を見てきた後輩や部下に裏切られる事」です。”飼い犬”となるので主従関係が成立している事から、友人や仲間というよりも後輩や部下で用いるのが正しいようです。何よりも上司やライバルから裏切られるよりも、信頼していた後輩などから裏切られる方がショックが大きいでしょう。それでは「飼い犬に手を嚙まれる」の解説を始めさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

飼い犬に手を嚙まれるの意味とは

「飼い犬に手を嚙まれる」の意味は以下の通りとなります。
(1)日頃から可愛がり面倒を見ていた者から裏切られ、酷い目に遭う事。
(2)後輩や部下など世話してきた者が突然、攻撃をしたり裏切るなど酷い行為をする喩え。
(3)「飼い犬に手を食われる」「手飼いの犬に手を食わる」も同義。
”飼い犬”は「人に飼われる犬」「ペットの犬」「部下」「言い成り」「後輩」で、本来は命令に従い逆らえない飼い犬が反抗して主人の手を噛み怪我を負わせるのが「飼い犬に手を嚙まれる」ですが、そこから”飼い犬”を部下や後輩に取り巻きのような太鼓持ちのイエスマンとして、絶対に裏切らないと思っていた人から反旗を翻される際の喩えが「飼い犬に手を嚙まれる」です。この諺はいつの時代でも人間模様を表す定番とされ、主人が偉ければ偉いほど優秀であり野心家な部下が集まってくるので、結果的には「飼い犬に手を嚙まれる」事態が起こるのは必然となるジレンマが発生します。

飼い犬に手を嚙まれるの由来

「飼い犬に手を嚙まれる」の由来は残念ながら不明です。文献としては、政治活動家で小説家・三島由紀夫の著書「夜の向日葵」(1953年)などに文言が記されています。

飼い犬に手を嚙まれるの文章・例文

例文1.給料日になると食事を驕っていたアイツが実は某国のスパイだったとは、飼い犬に手を嚙まれるどころか大変な国際問題に発展しそうだ。
例文2.これまで飼い犬に手を嚙まれる事が何度も遭ったので、今更もう一度騙されても何とも思わない。
例文3.飼い犬に手を嚙まれるのも癪だが美人局の術中にも嵌められている俺は典型的な間抜けなのだろう。
例文4.困っている後輩に10万円を貸したら、そのまま音信不通になったのは飼い犬に手を嚙まれて怒りが収まらなかった。
例文5.友人が笑っているので訊ねたら、部下に騙されるという飼い犬に手を嚙まれたので「もう笑うしかない」と自嘲気味に答えた。
裏切りなどで「飼い犬に手を嚙まれる」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

飼い犬に手を嚙まれるの会話例

  • 質問者アイコン

    最近はどうも仕事が上手くいかないんだよなー。

  • 回答者アイコン

    あら、この前は新人が入ってきたから楽になるって言ってなかった?

  • 質問者アイコン

    そうなんだよ。そうなんだけど…、なぜか余計な事が増えてしまって逆に忙しくて…。

  • 回答者アイコン

    それって、飼い犬に手を嚙まれるじゃないけど、その新人がワザと迷惑が掛かるようにしているんじゃないの? ドラマとかでよくあるでしょう。誰かに頼まれて悪巧みを働く子分のような人って。

夫が仕事の愚痴を妻に吐いている会話内容です。

飼い犬に手を嚙まれるの類義語

「飼い犬に手を嚙まれる」の類義語には、「愛犬に手を噛まれる」「後足で砂をかける」「恩を仇で返す」「庇を貸して母屋を取られる」などの言葉が挙げられます。

飼い犬に手を嚙まれるの対義語

「飼い犬に手を嚙まれる」の対義語には、「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」「恩を忘れる者は犬にも劣る」「犬はその主を知る」などの言葉が挙げられます。

飼い犬に手を嚙まれるまとめ

「飼い犬に手を嚙まれる」は信頼や信用している部下や後輩を飼い犬に喩えて、そんな信じている人からお金などを騙され裏切られる事です。日頃から面倒を見る等の世話を焼いてきたのに、その恩を仇で返されるので余計に腹立たしくショックが大きいのです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事