飴と鞭(あめとむち)

飴と鞭とは、しつけなどを甘い面と厳しい面を合わせて行うことです。

[adstext]
[ads]

飴と鞭の意味とは

飴と鞭は、しつけ、指導や支配を譲歩と弾圧を併用して行うことです。

飴と鞭の由来

飴と鞭の由来は過去の政策にあり、厳しい政策だけでは国民の不満が募ってしまうので、国民のための政策も同時に実施する人民懐柔策にあります。それは1880年代のドイツ帝国が行った政策で今では飴と鞭の政策と言われています。

飴と鞭の文章・例文

例文1.飴と鞭を使い分けることによって犬のしつけを行う。
例文2.彼のだらしない性格は飴と鞭を使い分けて再教育するしかほかない。
例文3.彼は生徒を指導するのがとても上手で飴と鞭の使い分けていて、多くの生徒から慕われている。
例文4.飴と鞭はとても使い分けるのが難しい。厳しいだけでは、不満がたまってしまうからである。
例文5.人を支配することにおいて飴と鞭はとても有効な手段である。
これらから飴と鞭という言葉は指導する様子を表現するときに使われる言葉です。飴と鞭について相手に対して厳しいことだけでは、確かに相手からしても本当に自分のために叱ってくれているのかと思うことも有ると思います。だからこそ譲歩も大事なのだと思います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

飴と鞭の会話例

  • 質問者アイコン

    この前たまたま子供の面倒をみることになったのだけれどしつけるのはとても大変だね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。僕も始めはとても苦労してたよ。飴と鞭を上手く使い分けるようになってからは子供もちゃんいということを聞いてくれるようになったよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだね。私にも是非教育法を教えてほしい限りだよ。

  • 回答者アイコン

    飴と鞭といっても褒めて伸ばすことが多いけれどね。

教育や指導方法が学校や先生によって異なるように人によっても変わってくると思います。だから飴と鞭が一概にいいとは言えないでしょう。また、人によっては厳しいことを言われてしまうと落ち込んでしまう人もいるのでしょう。

飴と鞭の類義語

飴と鞭の類義語には、「メリハリ」「抑揚」「硬軟」「器用貧乏」「甘言と脅し」「信賞必罰」などがあります。

飴と鞭まとめ

皆さんも飴と鞭という言葉は一度は耳にしたことがあるのではないのでしょうか。耳にしたことはあるけど意味を知らなかったり、漢字を知らなかったりすることがあったかもしれません。なのでこれを機に是非覚えていってください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事