これが今の風潮

風潮 (ふうちょう)

世の中のあらゆるものには流れというものがあります。例えば、働き方という観点に対して昭和の時代と現代とでは違うことや、結婚という概念の昔と今とでは変わってきています。考え方や概念だけでなく、食べ物の趣向なんかも全然違いますね。それは、そうした風潮があるからなのです。では「風潮」とはどういうことを指しているのかに関して、言葉の意味を解説していきたいと思います。

風潮の意味

風潮とは、一言で言えば時代の傾向のことです。その時代に合ったものの考え方や、趣向そういったものは過去の歴史を見ても時代時代で異なってきています。食べ物の趣向もそうですし、どういった異性がモテるのかも時代によって違った傾向があります。そうしたものを風潮と呼びます。
例えば、日本において人気のある女性像という観点で、平安時代に人気があった女性の特徴はふっくらとした輪郭や細い目やおちょぼ口な特徴があったと言われています。現代で人気がある女性像からは少し遠い印象ですね。

風潮の由来

風潮とは、風によって変わる潮の流れを意味していて、それを時代の流れに当てはめて一般的に使われるような風潮の意味になります。

風潮の文章・例文

例文1.いつの時代にも、その時代に合った風潮がある
例文2.私は今の日本の風潮は好ましくないと感じている
例文3.今の時代はこういうファッションを好む風潮があるのではないだろうか
例文4.クールでかっこいい人よりも面白いことを言う人がモテる風潮がみられる
例文5.なににでも「やばい」と言う風潮があるのは日本語として複雑に感じる
思い返してみルト、これが風潮かと感じるものが身の回りには多々ありますね。次は会話例で見ていきましょう。

風潮の会話例

  • 質問者アイコン

    最近、社内では昼食を持ってきている社員が多いね。

  • 回答者アイコン

    しかも内容がヘルシーだよね。
    健康に気を使う風潮なんだね。

  • 質問者アイコン

    そう言う風潮が広まっていくのはいいことだね。

  • 回答者アイコン

    私も明日からお弁当持ってこよう!

会話例のように社内という狭い範囲内であっても用いられる言葉です。

風潮の類義語

風潮には似た言葉がたくさんあります。例えば、「トレンド」「流行」「潮流」といったような言葉が挙げられますね。

風潮まとめ

世の中には様々に変化してきた風潮があります。時代を遡ってみるとでその時々の変化やこれからどういう風潮になっていくのかを楽しむこともできると思います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事