助けてもらったので頭が上がらない

頭が上がらない(あたまがあがらない)

「頭が上がらない」というような表現を聞いたことはありますか。相手の身分が高すぎて恐れ多いという意味だと理解している人が多いかもしれません。しかし、この言葉には他にもいくつかの日常で使いやすい意味があります。そこで今回は、「頭が上がらない」という言葉について詳しく解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

頭が上がらないの意味とは

「頭が上がらない」とは、相手とは対等の立場に立って振る舞うことが出来ない様を表します。ポジティブとネガティブ両方の意味で使うことが出来ます。ポジティブの例で言うと、相手が自分に対して予想を遥かに超える何かを提供してくれた時などに、引目を感じるほどに感謝している様子を表すのに使うことが出来ます。ネガティブな例で言うと、自分が何か大きなミスをしてしまい、負い目を感じている時に使うことが出来ます。また、相手が自分よりも遥かに目上の存在である場合にも使えます。

頭が上がらないの由来

「頭が上がらない」と言う言葉は、相手への敬意や感謝を表すお辞儀の姿勢からきています。

頭が上がらないの文章・例文

例文1.同僚が私のミスを完璧に修正してくれて頭が上がらない。
例文2.独創的なアイデアを出し続ける彼には誰も頭が上がらない。
例文3.仕事をサボっているのがバレた彼は、しばらく店長に頭が上がらなかった。
例文4.頭が上がらないほど尊敬する人は私の祖母だ。
例文5.あまりにも有名な社長を目の前にして、全く頭が上がらない。
ポジティブとネガティブの両方の意味で使えることを忘れないように

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

頭が上がらないの会話例

  • 質問者アイコン

    昨日バイト中にサボってたら、急に店長が店に入ってきたんだよ。

  • 回答者アイコン

    その話先輩から聞いたよ。店長は昨日休みなはずだったのにって先輩も驚いてたよ。

  • 質問者アイコン

    サボってるところを見られて、怒られることを覚悟したんだけど、後輩のYが上手く誤魔化してくれたんだよ。

  • 回答者アイコン

    あのこは本当に口が上手いからね。まったく、頭が上がらないよ。

サボっているのがバレていたら、ただでさえ店長という目上の立場の人なのに、余計に頭が上がらなくなるところでしたね。

頭が上がらないの類義語

「頭が上がらない」の類義語には、「敷居が高い」や「畏敬の念を抱く」などが挙げられます。

頭が上がらないまとめ

今回は、相手に対して引け目を感じて、対等に振る舞うことが出来ないと言う意味の「頭が上がらない」という言葉を紹介しました。ネガティブだけでなく、ポジティブな意味でも使える言葉だと覚えておいてください。皆さんは身近に、頭が上がらないほど尊敬している人はいますか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事