数学で非凡な才を発揮する少年

非凡(ひぼん)

非凡とは、普通の人よりずっと優れていることです。非凡な才能を持ちながら、その才能を生かせないまま終わってしまう事も多くあります。非凡な才がある事を自覚している人は広く人の為、社会の為にその才を還元する事も求められます。今回は「非凡」について、意味や由来、例文や類義語などを交えて、わかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

非凡の意味とは

非凡は、普通の人よりずっと優れていることを意味しています。
また非凡の反対の意味としては「平凡」「凡庸」などがあり、全体あるいは一部分で才を持っているか否かが、非凡か平凡かの大きな違いとなります。

非凡の由来

非凡の「非」は否定的な意味を持っています。また、「凡」は平凡として使われることがあるように特別な所がないことを表します。これらを合わせて非凡という言葉として使われるようになったことが考えられます。

非凡の文章・例文

例文1.非凡な彼は、どんなことも難なくこなしてしまうから自分が努力しているのが馬鹿馬鹿しく思えてくる。
例文2.かの有名なピアニストは、たゆまぬ努力を惜しまないだけではなく、非凡な才能の持ち主であり、彼女の演奏は多くの人を魅了する。
例文3.非凡な人に憧れて自分も新しいことに次々と挑戦してみたが、どれも失敗ばかりである。
例文4.どれだけ非凡な人でもその道を究めた職人の技術には到底かなわない。
例文5.平凡と非凡な人では、物事の飲み込みに天と地ほどの差がある。
これらから非凡は、とても人が優れていて才能がある様子を表すのに適した言葉であることがわかります。非凡であることはとても羨ましいことですよね。もし、秀でた才能を持っている人の話をするときには非凡という言葉は使われるかもしれません。是非覚えておくとよいでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

非凡の会話例

  • 質問者アイコン

    彼はなんでもそつなくこなして本当にすごいよね。この前の成績優秀で表彰されていたしね。

  • 回答者アイコン

    うん、本当にすごいと思うよ。平凡な僕からしたら非凡な彼の才能はとても羨ましいよ。

  • 質問者アイコン

    そうだね。僕は彼と同じ部活で来週大会だから彼に負けず、彼を引っ張っていけるくらい頑張りたいと思っているよ。

  • 回答者アイコン

    それはいいね。優勝できよう応援しているよ。

なんでもそつなくこなす人は、生きていれば一度は目にしたことがあるのではないのでしょうか。

非凡の類義語

非凡の類義語には、「並外れた」「徒ならぬ」「卓越」「天才」「鬼才」「神童」などがあります。

非凡まとめ

スポーツなどで平凡であっても努力して一流プレイヤーと肩を並べるくらいの実力を持っている人は本当にすごいですよね。非凡であると人をみるとついつい自分が努力しているのが馬鹿らしく思えてくることがあると思います。人は誰かと比べてしまいがちだからです。でも努力は必ずあなたの血肉となることでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事