雲外蒼天(うんがいそうてん)

雲外蒼天とは、困難を努力して乗り越える事で、その先には青い空が待っているという意味を持った言葉です。生きていれば困難が訪れることもあるし、それが好きな人というのあまり多くはないと思います。そこにもどかしさだったり、不安があったりするかと思います。けれども困難を乗り越えた先には達成感や喜びがあるのではないでしょうか。よく座右の銘として取り上げられることもあるこの言葉。あなたはこの言葉の意味を正しく知っているのでしょうか。今回は、「雲外蒼天」という言葉の紹介と解説をしていきます。みなさんもこの言葉の意味をしっかりと覚え、座右の銘にしてみてはいかがでしょうか。

[adstext]
[ads]

雲外蒼天の意味とは

雲外蒼天の意味は、目の前の困難を努力して乗り越えれば、そこには青い空が待っているという励ましの言葉です。また勘違いしやすい例として「旭日昇天」という言葉がありますが、こちらは努力をするという話ではなく、勢い盛んという意味で使われます。誤解して使われているケースも多いので、雲外蒼天と旭日昇天の意味の使い分けには注意しましょう。

雲外蒼天の由来

雲外蒼天の由来はハッキリとはしませんが、どんよりとしたイメージの「雲」の外には「青空」が広がっているという自然の状態を人の心境になぞらえた言葉であると言われています。その雲を抜ける為には自分自身で困難を乗り越える努力をすれば、その先に成功という蒼天(青空)が待っていると理解するといいでしょう。

雲外蒼天の文章・例文

例文1.雲外蒼天というし、今は辛くてもいつか報われるよ
例文2.どんなに困難なことでも、雲外蒼天というように、乗り越えた先に達成感があるよ
例文3.私は雲外蒼天という言葉を信じて頑張ってきた。この気持ちが大切なんだと大人になってからわかった。
例文4.「雲外蒼天を信じて頑張ろう」とみんな言うが、このチームの稼働時間はすでに会社規定を上まっていた
例文5.雲外蒼天ともいうし、これからのことは今まで頑張ってきた力でなんとかなると思う。
目先の困難を乗り越えるための言葉であったり、他者を励ますために用いるような言葉になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

雲外蒼天の会話例

  • 質問者アイコン

    実は今、仕事が行き詰まってて、すべて投げ出してしまいたいよ

  • 回答者アイコン

    そんなこと言わずに、頑張りましょうよ。
    雲外蒼天と言うじゃないですか。

  • 質問者アイコン

    そうだね。ゴールは必ずあるし頑張ってみるよ。

  • 回答者アイコン

    そうですよ!逆にここで諦めたらもったいないですよ。

この言葉が使用される際は、心理状況的に自信を鼓舞させると言うよりは、他者を激励するのに用いることが多いかと思います。

雲外蒼天の類義語

同じような用途や意味を持つ言葉として、「開雲見日」や「撥雲見日」「止まない雨はない」といった言葉があります。これらも、目の前の不安がなくなり将来に希望が出てくるというような意味の言葉になります。

雲外蒼天の対義語

雲外蒼天の対義語としては、「五里霧中」「暗雲低迷」「前途多難」「お先真っ暗」など先が見えずに辛い状況やその困難を表す言葉が挙げられます。

雲外蒼天まとめ

この言葉は意味が直接つながる出典が不明です。ですが、このように天候や太陽の満ち欠けなどの毎日変わる天気になぞらえた言葉は数多く存在しています。この言葉が示すような、困難や悩みというのは誰にも起こりえることです。自身で鼓舞するのは難しいかもしれませんが、身近にそういった方がいたら、この言葉で励ましてあげてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事