集団的自衛権の問題

集団的自衛権

日本においては2014年に「集団的自衛権」についてニュースや新聞で報道され、記憶に残っている方も多いかもしれません。集団的自衛権は憲法の根幹と密接に関わっている部分であり、重要なポイントと言えるでしょう。ここでは集団的自衛権の意味や由来、使い方や類義語等について説明いたします。

集団的自衛権の意味とは

「集団的自衛権」とは、他国から武力による攻撃を受けた際に、第三国である国が攻撃を受けた国と協力し対処するという国際法上で認められている権利のことです。これに対し「個別的自衛権」は、攻撃を受けた自国が自ら対処する権利を指します。集団的自衛権は国際法上すべての国が有する権利ですが、日本では憲法によりその行使は認められていません。

集団的自衛権の由来

集団的自衛権は、1945年の国連憲章第51章にて初めて明文化されました。これまで、自別的自衛権については国際法で承認されていましたが、集団的自衛権については承認されていたとみられる事例は見つかっていません。

集団的自衛権の文章・例文

例文1.集団的自衛権について慎重な議論がなされるべきだ
例文2.集団的自衛権の濫用が問題視されている
例文3.今日の社会科の授業で集団的自衛権について学んだ
例文4.集団的自衛権はこれまでに他国で行使された事例がある
例文5.今後も国会において集団的自衛権について紛糾することになるだろう
「集団的自衛権について議論します」という場面にならない限り、日常会話として集団的自衛権という言葉が使われることはあまりないかもしれません。ただ日本が掲げている平和憲法においては非常に重要な問題です。

集団的自衛権の類義語

集団的自衛権の類義語は、あえて挙げるとすれば先にも書いたように「個別的自衛権」があるでしょう。いずれも自衛するという点においては意味は共通しています。英語では集団的自衛権のことを「right of collective self-defense」と表現します。

集団的自衛権まとめ

集団的自衛権は2014年に流行語大賞として選出されましたが、近年においては報道で取り上げられることも少なくなったため、記憶から遠ざかっている人が多いかもしれません。ただし依然議論すべき題目であり、今後動きがあれば再び報道が過熱する可能性もあるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事