闇営業をした

闇営業(やみえいぎょう)

昨今では、様々な芸人が活動していてメディアに頻繁に露出している人もいれば、そうでない芸人さんもいます。最近では芸人さんがモデルや女優と結婚したりという報道もよく目にするので、芸人になりたいという憧れを持っている人もいるのではないでしょうか。しかし、その一方で仕事を獲得するためにものすごく苦労をしている芸人の方もたくさんいるようです。仕事や報酬を得るために営業行為も必要になるようですが、その中でルール違反な営業、いわゆる「闇営業」という言葉について解説をしていきたいと思います。

闇営業の意味

闇営業とは、芸人が事務所を介さずに受ける営業行為のことを指す芸人用語になります。闇営業は事務所を介さない分、芸人に支払われる報酬が多いため、一昔前まではこれを受ける芸人が多かったようです。しかし、昨今ではSNSの普及等の関係でそういった行為がすぐに世間に露出してしまうた闇営業を行う芸人は少なくなったようです。そして、この闇営業は競業避止義務にも触れてしまうため、ことが発覚した場合、事務所との契約内容によっては契約解除といった罰則が課されることもあります。

闇営業の由来

闇営業という言葉自体がいつからあるかは不明ですが、芸人という業種の歴史が古いので、その歴史ともにあるのではないかと言われています。

闇営業の文章・例文

例文1.闇営業をしている芸人は意外と多いのではないだろうか
例文2.闇営業をすると事務所から解雇される恐れもあるらしい
例文3.闇営業で反社会勢力とつながる可能性がある
例文4.この間のニュースで闇営業をした芸人が取り上げられていた
例文5.闇営業をしなければならないほど切羽詰まっていたのだろうか
どんな理由だろうと、基本的に闇営業は行ってはいけないものになります。上述したように競業避止義務にも触れてしまうからです。

闇営業の会話例

  • 質問者アイコン

    あの人気芸人が、闇営業で事務所を解雇されたらしいよ。

  • 回答者アイコン

    うそ!?
    私めっちゃ好きだったのに…

  • 質問者アイコン

    なんか、闇営業で反社会勢力と繋がってたらしいよ。

  • 回答者アイコン

    すごいショック…

人気のある芸人はそういった行為が発覚した場合に世間への影響も大きいですね。

闇営業の類義語

闇営業は芸人用語でやってはいけない営業の総称なので、意味として類似するような言葉はありませんが、言葉自体が広まってきているので、芸人業界以外でも使われるようになるのではないでしょうか。

闇営業まとめ

実際、芸人といっても稼げていない人も多くいるようなので、こうした闇営業を受けている方はもしかしたらたくさんいるのかもしれません。その方たちにも生活があることを考えると、複雑なところですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事