鉄は熱いうちに打てのイメージ画像

鉄は熱いうちに打て(てつはあついうちにうて)

伸びしろのあるうちに鍛えておけ、若いうちに頑張って能力を高めよ、という意味合いで用いられることわざに、「鉄は熱いうちにうて」ということわざがあります。
この記事では「鉄は熱いうちに打て」の意味や使い方を詳しく解説していきます。

鉄は熱いうちに打ての意味

鉄は熱いうちに打てとは、鉄は熱して軟らかいうちに鍛えよ、人は柔軟性があり、吸収する力のある若いうちに鍛えることが大事だという意味です。また、物事は時期を逃さないうちに事を運ばないと成功しにくいというたとえもあります。

鉄は熱いうちに打ての由来

19世紀初期のオランダのことわざが由来と言われています。『和蘭字彙』(1855~1858年)には"鉄は熱きうちに鍛ふべし よき時を怠ることなかれと云意"という表現がありました。

鉄は熱いうちに打ての文章・例文

例文1.若い頃に勉強しなかったから、今になって鉄は熱いうちに打たなかったことを後悔する。
例文2.鉄は熱いうちに打った方がいいから、すぐに取引先に出向くことにした。
例文3.鉄は熱いうちに打ての精神で頑張りましょう。
例文4.若いころはよく、鉄は熱いうちに打てだと上司に言われたものだ。
例文5.鉄は熱いうちに打てと言うし、明日にでもすぐとりかかるか。
鉄が冷めてしまう前に色々と吸収していけたらいいですよね。

鉄は熱いうちに打ての会話例

  • 質問者アイコン

    10代、20代の頃は、先輩とか上司からは結構スパルタで厳しく指導してもらったなあ。まあ、それがあったから今は精神的にタフにもなった気がするよ。

  • 回答者アイコン

    まあ人にもよるよね。"鉄は熱いうちに打て"と言うけど、全ての若い世代に当てはまるわけでもないと思うし・・。

  • 質問者アイコン

    今の時代は特にそうだよね。パワハラ問題とかもよく聞くし、お互いの信頼関係がないと厳しさについてこれない人も出てくると思うよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね、指導するほうも、なかなか難しい世の中になっちゃったかもね。

指導する側、される側のお互いの信頼関係が大事かもしれないですよね。

鉄は熱いうちに打ての類義語

鉄は熱いうちに打ての類義語は「好機逃すべからず(せっかく手にしたよい機会は、取り逃がしてはならない。)」や「矯めるなら若木のうち(子どもを立派に育てたいなら、小さいころにしっかりしつけをせよ)」などが挙げられます。

鉄は熱いうちに打てまとめ

"鉄は熱いうちに打て"ということわざを聞いた若い世代のリアクションとしては困る部分もあると思いますが、今の時代に合ってるかどうかは別として、若いうちに色々苦労もし、多くのことを吸収するのは時代に関わらず、大切なことだとは思います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事