様々な資産が遺産になる

遺産(いさん)

皆さんは家族の方と遺産の話をしたことがありますか?なかなかタイミングがなかったり、お金が目的のように感じてしまい話づらかったり、まだまだ先の話だと怒られるのでは、などと色々な要素があり話せない方も多いのではないでしょうか。そもそも、遺産とは何のことを指すのか分からない、なんとなくしか知らない方のために、「遺産」について詳しく説明します。

遺産の意味

人が死後に遺した財産のこと。もしくは死亡時に所有していた財産(資産)のこと。所有権や負債も遺産に含まれます。
「文化遺産」や「世界遺産」などは先人たちが遺した有形、無形の物事を指しています

遺産の由来

「遺す」という言葉は、価値のある物や事柄を価値の一部も損ねることなく、全てを次の代に引き継ぐという意味があります。
詳しくいうと金銭や土地、建物、家具、商品、権利などの財産をそのまま全て引き継ぐということになります。

遺産の文章・例文

例文1.遺産の相続のことで話があると父から言われた
例文2.テレビの特集を見ていて両親の遺産はどのくらいあるのか話を聞く必要があると思った
例文3.遺産目当てで帰省したと思われたくなくてなかなか話が切り出せない
例文4.夫の父親の遺産の価値が高く、相続してからの暮らしがとても良くなった
例文5.家族に遺す遺産は何もない
遺産の相続には口約束ではできず、手続きが必要です。遺産=借金などの負債である場合などは「相続しない」選択もできます。その際、購入した家などがあったとしてもそれも相続できないので手放すことになりますのでよくお考えください。

遺産の会話例

  • 質問者アイコン

    今テレビで年金の問題と遺産相続の話やってるよ

  • 回答者アイコン

    以前実家に行った時母親と遺産の話したんだよね。
    家は賃貸だし、あるのは借金だけだから断っていいよ、って言われちゃった。

  • 質問者アイコン

    俺も母親に何か遺すものが欲しいから家買ってって言われたんだよな。

  • 回答者アイコン

    何もないならあんまり関係ないね。

話し合いが必要な家庭もありますが、この会話では掘り下げるほどの話はないようです。

遺産の類義語

「遺産」の類義語は「継承」や「相続」「家財」など受け継ぐ事などを指す言葉が挙げられます。

遺産まとめ

実は家族に借金の話が出来なくて、相続後に発覚して家族が払わなくてはいけなくなった。などの例もありますし、大きな家や会社など継ぐべきものを持っている方は遺産の話を早いうちにしておいた方が問題も少なく済むような気がします。家族の関係があまり良くないために相続の話が決まらなかったり問題が起きたり、なんて話もよく耳にしますね。本人や家族、後継者の人生の話ですので、大切に、真剣に話をする必要があります。ぜひ、まだまだ先と思わず話し合ってみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事