輸出優遇してもらわないと困る

輸出優遇(ゆしゅつゆうぐう)

日本と韓国の関係が日に日に悪化し、その際にキーワードとなる言葉が、今回の「輸出優遇」や「輸出規制」です。ニュースや新聞などで、これらの言葉を何度も見聞きしていますよね。言葉の意味としては、難しい事は何もなく、輸出を優遇する事と輸出を規制する事です。しかし、優遇から規制へと変化された国である韓国としては、これまでのメリットが失うのでここまで不満を露わにしているのです。一方、日本としては政府方針であり決定事項なので、当面の間は覆る事はありません。それでは、今回は日韓関係にも広げながら、「輸出優遇」の解説となります。

輸出優遇の意味とは

「輸出優遇」の意味は以下の通りとなります。
 (1)輸出管理上の優遇措置を略したもの。
 (2)2002年4月に導入された「キャッチオール規制」(別名:補完的輸出規制)は、日本の安全保障貿易管理で、大量破壊兵器に使用される疑いのある貨物輸出に対しては、経済産業大臣への届け出が必要となる。この規制に対し、アメリカやイギリスなど優遇措置扱いとして特別待遇の欧米各国を「ホワイト国」(グループA)と呼ぶ。欧米各国は日本との関係性が良好であり友好国同士なので、輸出に対しても優遇扱いを計らう。
 (3)輸出優遇になると、厳しい規制がないので、半導体基板の洗浄に使う「フッ化水素」、テレビやスマホの有機ELディスプレーとなる「フッ化ポリイミド」などの輸入が容易になる。これらは軍需物資ともなるので、疑わしい国に対しては本来は規制など厳しい管理が求められる。
 (4)「輸出優遇国」は「ホワイト国」と同義。

「輸出優遇」とは日韓関係が悪化するまでは、殆ど聞いた事がない言葉でした。大量破壊兵器の開発などに関与しない目的で制定された「キャッチオール規制」は2002年に導入され、イギリスやフランスなどヨーロッパ各国とアメリカやカナダやアルゼンチンなど南北アメリカ、そしてアジアでは韓国だけが唯一認められ、合計27カ国には輸出規制に値しない除外国となり、特別な恩恵を与えていました。これらの国々は「ホワイト国」と呼び、輸出優遇をしていたのですが、今回の日韓関係の悪化も要因の一つとなって初めてホワイト国から韓国だけを除外する事を、8月2日の閣議で正式決定し、8月28日から政令が施行された。韓国側は当然、大反対をアピールし、連日のように反日を煽る行動、不買運動や日本批判を繰り返し、遂には軍事協定である「GSOMIA」まで破棄したが、日本政府は冷静な対応で終始一貫している。ここまで両国がこじれる背景には、長年の反日教育や徴用工判決などが根深く影響している。

輸出優遇の由来

厳密には「輸出優遇」という言葉は、便宜上使用しています。上記で説明したように、「輸出管理上の優遇措置」を省略したのが「優遇措置」であり、「輸出優遇国」が「ホワイト国」になる。2002年に導入された「キャッチオール規制」は、2008年になると規制が強化され、2019年8月28日に日本政府は韓国を輸出優遇国のグループA(ホワイト国)から除外した。それを受けて、韓国政府も日本をホワイト国から外す手続きを開始している。
「輸出優遇」の由来ではないが、「キャッチオール規制」が世界的に広まった背景には、1991年の湾岸戦争やその後の中東情勢が関係している。アメリカなど欧米各国が、途上国に対する兵器製造に対して厳しい監視をするようになり、国際世論も同調するようになり、日本も欧米に続いて1996年から大量破壊兵器開発の疑いがある輸出に関しては、規制を設けるようになった。

輸出優遇の文章・例文

例文1.輸出優遇措置が解除された事で、日韓関係の冷え込みは今後も続くだろう。
例文2.輸出優遇されるホワイト国はグループAの事で、ヨーロッパと北米や南米とオセアニアの各国で計26カ国となる。
例文3.韓国は輸出優遇では今後はグループBとなり、トルコや南アフリカと同列扱いになる。
例文4.輸出優遇を元の状態に戻せと、韓国政府が日本に要求している。
例文5.輸出優遇や輸出規制が今回騒動になっているが、2003年までは韓国もグループAではなく、その当時の状況に戻すのが本来の目的である。

「輸出優遇」の例文は、当たり前ながら国際情勢や韓国との関係を説明するものとなってしまいます。

輸出優遇の会話例

  • 質問者アイコン

    香港デモ、大雨被害、そして日韓関係悪化の輸出優遇など、ニュースはこれらの話題ばかりだよね。

  • 回答者アイコン

    あおり運転もあるじゃん!

  • 質問者アイコン

    そうだね。あおり運転も多い! もっと世の中は平和にならないのかな?

  • 回答者アイコン

    でも、輸出優遇の本来の目的って、武器輸出国に対する規制なんだよね。だから、平和貢献が目的なんだけど、この事実を知っている? 世界で最も武器を輸出している国はアメリカ、他にもイギリスやイタリアも上位国。これらの国って、ホワイト国なんだよね。ちょっと、矛盾しているよね。

男性は日韓関係悪化の「輸出優遇」、香港デモなどが連日ニュースで報道されうんざりし、女性は冷静に輸出優遇の裏側を分析しています。

輸出優遇の類義語

「輸出優遇」の類義語には、「税制優遇」「輸出規制」などの言葉が挙げられます。

輸出優遇まとめ

「輸出優遇」は日韓関係の悪化に伴い、日本政府が韓国を優遇扱いとなる「ホワイト国」(グループA)から除外した事で大騒動に発展しましたが、その背景には徴用工問題などで日本が韓国の対応に我慢の限界を超え、その対抗措置と見るのが自然です。韓国としては、「フッ化水素」などを日本に依存しているので、今後の経済冷え込みが確実となり、撤回を求めて大統領自らが日本批判や対話要求、さらに国民は日本バッシングや不買運動を大々的に行っていますが、日本の冷静な対応や無視に近い態度に、有効的な解決法を見出す事ができていません。双方の政権が変わるまでは、この冷え込んだ関係が続くとするのが、大筋の判断です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事