賦課金について把握する

賦課金(ふかきん)

皆さんは賦課金という言葉を聞いた事があるでしょうか?実はこの言葉、私たちの生活にもろ影響している非常に重要な言葉なのです。しかし、普通に生活をしていく中でチラッと聞いた事はあっても意識したり、それについて調べたことがあるという方はそうそういないはずです。今回はそんな方のために、この賦課金という制度が一体どういうものなのかについて説明していきます。

賦課金の意味とは

では先ず、賦課金という言葉の説明をしていきたいと思います。これは主に役所や組合で使われる言葉で、租税や負担金などのように割り当てられて負担するお金の事を意味します。この説明だけだと何の事を言っているのか分からないかと思いますので、もう少し分かりやすい言い方にすると、あるものに対して恩恵を受けた度合いに応じて変動する費用です。具体例をあげると、最近話題の「再生エネルギー」にも「再エネ賦課金」とういものが適用されています。お近くに電気の使用料金表がある方は実物を見て頂けたらと思いますが、「再エネ賦課金」の文字が記載されているかと思います。これは太陽光をはじめとする再生可能エネルギーによって生み出された電気を電気事業者が買取り、その費用を電気契約者全員が利用額に応じて負担をするというものです。そのため、利用金額によって支払額が異なってきます。

賦課金の由来

税金は国民が何かしらの活動をしてお金を払った際にかかるお金ですが、こちらは集められた後に公共施設の運営費などの国や地方の自治体でないと動かせないような公共的な財・サービスを提供する財源として使われます。同じようにこの賦課金も何かしらのサービスの恩恵を受ける者たちに少しずつお金を徴収する事で成り立つ仕組みになります。

賦課金の文章・例文

例文1.賦課金という制度を用いる事でより規模の大きなサービスを私たちは享受できる
例文2.賦課金は知らぬ間に受けていた恩恵をお金という形で分かりやすく示したものと言える
例文3.賦課金を支払う意味が分からないという人はサービスを受ける資格がない
例文4.世の中にはあらゆる種類の賦課金が存在する
例文5.「再エネ賦課金」によって恩恵を受けている事は間違いないので、その負担を電気会社だけに負わせるのはおかしい
賦課金は広く一般に知れ渡っているものではありませんが、社会の仕組みの中に埋め込まれているものですので、しっかりと理解をしておくといいのではないでしょうか。

賦課金の会話例

  • 質問者アイコン

    電気料金の単価が最近上がってきている気がする…

  • 回答者アイコン

    どうして?そんなに値上げもされていないはずなんだけど。

  • 質問者アイコン

    電気料金とは別に「再エネ賦課金」っていう意味の分からない料金が発生してる…これは電力会社の陰謀だ。

  • 回答者アイコン

    陰謀じゃないわよ。これは、再生可能エネルギーの導入を支えて普及促進につなげるためのお金なんだから。

電気料金について話している二人でした。このようにみなさんの身近には、「再エネ賦課金」という賦課金があると思います。

賦課金の類義語

厳密には違いますが、「税金」や「負担金」も仕組みとしては「賦課金」と似ています。

賦課金まとめ

私たちがより豊かな生活をするためには公共のサービスが充実していく必要があります。そのためにも今回紹介した賦課金という制度はかかせないものになってきます。あなたも知らぬ間に恩恵を受けていますので、これを機会に是非この存在を覚えていってください。そして、せっかくなので世の中にどのような賦課金があるのかを調べてみるのも面白いかと思います。賦課金はいわば、私たちが恩恵を受けているサービスに対する利用手数料のようなものですので、どうせ支払うのであれば納得して払いたいものですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事