豆腐メンタルゆえに落ち込む

豆腐メンタル(とうふめんたる)

どこにでもメンタルが弱い人というのは存在していて、その存在はストレスのかかりやすい環境の中で顕著になる。会社や学校やその他の環境の中にいて、極端にメンタルが弱い人を見たことはないでしょうか。そういった人を若者言葉で「豆腐メンタル」と呼びます。この豆腐メンタルについて解説していきます。

豆腐メンタルの意味とは

豆腐メンタルとは、メンタルが非常に弱い人の事を指した言葉です、すぐに落ち込んでしまったり、物事をくよくよ考え込んでしまう人の事を指して使われます。ビジネスにおいても、スポーツにおいてもメンタル面の重要性は言うまでもありません

豆腐メンタルの由来

言葉自体は、某アニメで使われたとされています。作中の登場人物が追い込まれた際にメンタルの弱さが露呈し、使われるようになった言葉だと言われています。

豆腐メンタルの文章・例文

例文1.あれだけ練習して結果が出ないのはメンタルが豆腐メンタルなのだろう
例文2.豆腐メンタルだと陰口を言われているので、何とか克服したい
例文3.厳しい事をいわれるとすぐにしょんぼりしてしまう豆腐メンタルは改善すべき
例文4.豆腐メンタルが顔を出さないように、メンタルトレーニングを行う
例文5.豆腐メンタルによって本番で緊張するので、しっかりと準備をしていくべきだ
若者言葉なので、使いやすい反面、豆腐メンタル=極端にメンタルの弱い人なので、言われると結構気になるかもしれないですが、現代ではメンタルトレーニングも進んでおり、自分のパフォーマンスが最大限発揮出来ない人は、そういったトレーニングをしてみるのもいいかもしれません。

豆腐メンタルの類義語

豆腐メンタルの類義語としては、「デリケート」「ナイーブ」「ガラスのハート」「蚤の心臓」といった言葉が近しいですね。これらはオブラートに包んでいる感じがするので、人に使う際はこれらの言葉の方が良いですね。

豆腐メンタルまとめ

アニメから生まれた言葉とは言え、一部の若者には意味が通用するくらい浸透してきている言葉であり、言われるとあまり良い感じはしないので、使う際は注意が必要です。言っても傷つかないような人は豆腐メンタルではないと思うので、そうだなと感じる人の前では使わない様にする事で、大人のTPOをわきまえた発言が求められる事も覚えておきましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事