譲歩している人

譲歩(じょうほ)

弁護士や経済・経営など大人向けのドラマや小説、他には外交や国際政治の舞台では、「譲歩」(じょうほ)という言葉が頻繁に登場します。相手の意見を受け入れ、自分の意見を通さない等の意味となりますが、他にはどのような意味や使われ方があるのか詳しく調べてみたいと思います。「譲歩」とは、日本人や日本社会らしい”譲り合い”の精神が根底となっていて、いつまでも使われ続けているのでしょう。

譲歩の意味とは

「譲歩」の正しい意味合いは、以下の通りです。
 ①自分の意見や主張よりも、相手の主張に同意する。
 ②自分の意見が正論でも、相手に妥協する事を選ぶ。
 ③議論などを延々続けるより、適度な着地点でバランスを取る。
 ④相手に譲る、先に促す、自ら身を引く、等々。

他にもいくつか意味がありますが、最も頻繁に使われるのは、商談や議論などの際にお互いに相手の主張を受け入れ、程よいバランスを取るのが譲歩となります。また、一見すると強く反発を主張している方が、実は譲歩を受け入れている場合もあり、最終的な決着がするまではどちらが譲歩し、有利な立場を得たのか分かり難い場合も多々あります。

譲歩の由来

「譲歩」の元となるのは当然ながら中国語となりますが、どの様に日本に入り広まったのか、当時の意味や使われ方などの詳細は不明となっています。ですが両国の違いとして、日本の場合は互いの意見がぶつかったが、譲歩し合い双方が納得したという使われ方が多いのに対し、中国は互いに譲歩できなかったという使われ方が多いです。

譲歩の文章・例文

例文1.長期間に渡る外交の末に、やっと譲歩を勝ち取った。
例文2.営業なので、毎日お客様に譲歩するのが仕事だ。
例文3.譲歩しているつもりが、実は譲歩されていた。
例文4.親友とは、お互いに応援するサッカーチームがライバル関係なので、ここに関してだけは譲歩できない。
例文5.電車内で高齢者に席を譲歩した。

意見や議論などの際に使われるイメージが大きいですが、相手に席を譲るや先に行かせるなどの行動を取った際にも、譲歩が使われます。

譲歩の会話例

  • 質問者アイコン

    街中で他人に親切にすると、気持ちが良いですよね?

  • 回答者アイコン

    本当よね。世知辛い世の中だからこそ、見ず知らずの人には親切にしないと。最近、何か良い行いをした?

  • 質問者アイコン

    あんまり偉そうな事は出来ていませんが…、高齢者に席を譲ったり、お店の入口で人とぶつかりそうになったら先にどうぞと、譲歩するようにしています。

  • 回答者アイコン

    それが毎回出来ているなら、大したものだよ。急いでいたり、疲れている時もあるのに気を遣うんだからね。やっぱり、他人には優しく親切にしないとね!

譲り合いや親切を他人に出来ているか、その会話内容です。

譲歩の類義語

「譲歩」の類義語には、「妥協」「折り合い」「譲り合い」などの言葉が挙げられます。

譲歩まとめ

「譲歩」は、相手の意見に同意したり、妥協を受け入れる、譲る等の意味を持つ言葉です。外国人にはあまり理解されない日本人らしい文化を持つ、独特の解釈が必要な言葉でもあり、この「譲り合いの精神」は今後も尊重するべきではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事